映画

2018年6月20日 (水)

君の名前で僕を呼んで

331d0c96b64f429581e8c498e86fe4ee

新宿シネマカリテで「君の名前で僕を呼んで」を観てきました。なかなか観に行けなくてグズグズしていたら、ちょうどいい時間の上映はここしかなかったのです。ここはちょっと前までウェブ予約やってなくて、劇場でチケットを買うしかなかったので敬遠していたのですが、いつのまにかウェブ予約が出来るようになっていましたので、これからはちょくちょく通おうと思っています。

水曜日は男女とも1000円で鑑賞できる日ですが、この回はsold-out、しかもほとんどがぼっち女性。さすがです。

1983年。アカデミックな環境に育ったエリオ(ティモシー・シャラメ)は夏の間北イタリアの別荘で過ごしていたが、教授である父のアシスタントで大学院生のオリヴァー(アーミー・ハマー)がそこにやってきた。二人は惹かれ反発しあいそして…

アンドレ・アシマンというやはりアメリカの大学教授が60歳の時にイタリアを訪れた際、自分の想いの大きさに耐え兼ね自分のために書き上げた小説を原作としています。それはもう美しい、ちょっとギリシャチックなお稚児趣味(?)な作品です。しっかし主演助演ふたりともほとんど上半身裸+短パンかトランクスって。まあエリオはゼウスも惚れてさらっちゃうくらいの美少年ですからねえ…

オリヴァーの研究対象はヘラクレイトス、ギリシャの哲学者で「万物は流転する」って言ったとか言わないとかの人ですね。行く川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず。

昔の絵本で「ぼくをさがして」というのがありました。パックマンみたいなのがあちこちを字放浪して自分の「片割れ」を探すという話でしたが、この映画はまさにこれですね。愛する人は自分の片割れ「ぼく」であるので、ということはあなたは私ということなのですよ。だから「僕の名前で僕を呼んで」自分と同一化したいのですね。君は僕の、僕は君のすべて。君を僕で満たしたら、もう君は僕だ…(この想いは時間が経つとケンカのもとなのですがね。)

別荘のピアノの音が割れてて気分が悪いのを除けば、美しいものを詰め込んだ美しい映画です。夢なのかな…?という気分を味わうには劇場へ是非どうぞ。DVDじゃあこの陶酔感は味わえまいよ。

続きを読む "君の名前で僕を呼んで" »

2018年6月18日 (月)

デッドプール2

707b5aba1b824f2dbe53712d8be5ef89

TOHOシネマズ日比谷で「デッドプール2」を観てきました。
やっぱIMAXはアクション観るのにサイコーですね。音もいいし。と言ってもほとんどは下品なことを言っているシーンなんですが。

デップーことウェイド(ライアン・レイノルズ)はヴァネッサとついに子作り宣言、自分たちで本当の家族を作ろうとしていたがその矢先…‼️

相変わらず下品で面白くて破壊的でカメオ出演にブラピ、マット・デイモン、ヒュー・ジャックマン出るほど豪華だしX-MENのスターメンバーも(一瞬だけど)勢揃いだしで、余すところなく楽しい。映画ネタも満載で、ああ映画観ててよかったなあと(T-T)全部わかったわけじゃないけども。

 

続きを読む "デッドプール2" »

ゲティ家の身代金

0b8cb978c4564d70a6ec3144fedf0294

TOHOシネマズ日比谷で「ゲティ家の身代金」を観てきました。もうすぐ公開が終わっちゃうし、せっかく今日は夜ここで映画を観る予定なのでダブルヘッダーで観ることにしましたが、隣のお兄さんがapplewatchでメールチェックしてる上(シアターモードっていう便利な機能があるのよ、って教えてやろうかと思ったくらい)セブンイレブンから買い込んだパンをこれは食事だね、ってくらいむしゃむしゃバリバリ食べていてうるさいし、上映後椅子の下に袋が散乱しているのに唖然。腕を組んでジーーーーーーーーーーーーーッとゴミを凝視していたら、さっさと片して出ていきました。こんなところで映画を観ていずに外でメールチェックしながら食事してたらよかったのでは?

ジョン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は総資産1.4億円、世界一の大金持ちだが、誘拐された孫ポールの身代金は払わない。母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)はゲティ家の嫁だがゲティの息子と離婚しているためお金はない。そのうち誘拐犯は…

というあらすじのような宣伝がされたため、どうしてもゲティ氏の吝嗇ばかりがクローズアップされてしまいますが、実際に観てみるとそうではなく、哀しいおじいちゃんの話でした。

続きを読む "ゲティ家の身代金" »

2018年6月 5日 (火)

コードギアス反逆のルルーシュ 皇道

Bad44988c46b47c0a90c5a5d6fe5465a

新宿バルトで「コードギアス反逆のルルーシュ 皇道」を観てきました。予約するときはガラガラだったので人少ないのかなーと思ってたら、やっぱそんなことなかった。でもここで観る映画には珍しく女性が多くて(・∀・)イイ!そしてみんなマナーが(・∀・)イイ!!

ルルーシュの思惑通り、神聖ブリタニア帝国軍と黒の騎士団は激突した。そして最終的なルルーシュの目的ゼロ・レクイエムとは…?

三部作大詰めの今作品、大急ぎで片づけました的前作とは打って変わり、単なるダイジェストで終わらず緩急つけたいい作品となりました。感動したわあ。

なんといっても今作の見どころはゼロ・レクイエム。ルルーシュはこの計画を遂行することにより人々の原罪を背負って死んだキリストの再来となり、枢木スザクはキリスト教を世の中に広く伝える役目を背負うペテロとなったのだ…(´Д⊂グスン

もう一つの見どころとしては、弟ロロの愛。あれこそ無償の愛ですね。愛をささげた相手の自分への冷たい言葉や態度は、底の浅いドラマやアニメではそのまま受け取ってしまうものですが、ロロは兄ルルーシュに絶対の愛情と信頼を持っているため、兄が自分を愛していないはずがないのであの言葉は本心ではない、と自分の信念を貫きルルーシュを守ります。美しい。夫婦や恋人もこうありたいものです。絶対の愛情。

究極に愛をささげる形を今日私はロロに見ました。ホント言うとロロには死んでほしくなくて、劇場版に期待していたのですが、ルルーシュを本気で愛している人がいたという意味で彼を孤独にさせない唯一の人だということをルルーシュに理解させるためにロロは死なねばならなかったのですね…

ついに完結した三部作。谷口監督はこの三部作について「ネキストステージの起点に当たる映画になる」と明言しているので、このネキストステージを期待して待つことにします。

 

 

フロリダ・プロジェクト

C6e762b8a4234518b10a4137f32cc9a7

ヒューマントラストシネマ渋谷で「フロリダプロジェクト 真夏の魔法」を観てきました。せっかく新宿バルトで夜映画を観るのだから、昼にもう一本観ておかないと終わっちゃうと思いこちらにやってきましたが、この後私を待ち受ける山手線の帰宅ラッシュの中で私の顔にポニーテールがしばらく突き刺さったままになることなど夢にも思わないのであった。

フロリダ州にあるマジックキャッスルというモーテルに暮らすムーニーは6歳。母親のヘイリーは近隣のディズニーランドに来る観光客などに香水を売り歩いて生計を立て、食べ物は同じモーテルに住む友人が勤めるワッフルショップのおすそ分けや救世軍の施しなどで賄っていた。ある事件からワッフルのおすそ分けを受けられなくなり困窮したヘイリーは自分の部屋でできる「商売」を思いつくが…

ウィレム・デフォーがいい人役で出ててビックリした…って失礼な。観ているこちらはこの善良なモーテル管理人の存在にホッとするのですが、彼だって起こる問題の全てー特に経済的なーには当然対応出来ない。優しいだけでは他人の口は賄えないのだ。その口惜しさを彼は口にはしないが、私たちにもじりじりした感じは伝わってくる。そしていつのまにか、私たちは彼の視点で子供たちを見ていることに気が付くのです。

続きを読む "フロリダ・プロジェクト" »

2018年5月19日 (土)

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

4dd9d8f8cdbd450994dc1a742ce397e0

TOHOシネマズ新宿で「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を観てきました。会社帰りに映画館に寄って観るにはちょっと長すぎるので土曜日に観る事にしたのですが、正解❗️最期の5分くらいが静かに衝撃的すぎて、エンドロールで口開けてポカーンとなっちゃいましたからね〜。寝る前に観てたらねむれなくなっちゃう…

宇宙人(地球人含む)の数を半分に減らして惑星の住環境を整えるという極端な考えを持つ環境テロリスト・サノスは全能の力を手に入れるため世界に6個あるインフィニティ・ストーンを次々と手に入れる。残るはドクター・ストレンジのネックレスにはめ込まれたタイム・ストーンと、ヴィジョンの額に埋め込まれているマインド・ストーンのみ…サノスに立ち向かうため、分裂していたアベンジャーズは再び集結し、新たな仲間とともに戦い始める。

関係ないけど、映画観る前に売店を物色していたら、ダンナが「このフィギュアさ、このリールに似てね?」と画像を見せてくれたのがこれ。

フィギュア

Dc2d152822c14300b83a3070db9ab1b8

リール

2465faf062de477085dce674b0ef12ff

おかげでこれが出てるときリールにしか見えなくてさ。どうしてくれるのさ。

えーっと、これって当然すぐには続編公開されないんだよね?このもやっとした状態のまま来年のGWまで過ごせというの?そりゃないよ~shock

続きを読む "アベンジャーズ インフィニティ・ウォー" »

2018年5月14日 (月)

レディ・プレイヤーワン

73a1d774e417443e84e6f6848223c149

TOHOシネマズ日比谷で「レディ・プレイヤーワン」を観てきました。ここ初めて来ましたが、広々してていいですね。ただ、1Fからエスカレーターで来たらすごくめんどくさかったので、お越しの際はエレベータを使う方が便利だと思います。

2045年。荒廃した町で暮らすウェイド・ワッツをはじめ、世界中の人たちはオアシスと呼ばれるVRの中で人生の大半を生きていた。食事、睡眠、排泄以外のことは賄えるこの世界はどんな冒険もでき、戦いで相手を倒すと本当にコインがゲットできるため、全財産を投じて装備を揃えて破産する人々もいた。しかし人々が熱狂する本当の理由は、オアシスの創設者ハリデイの莫大な財宝が隠されているため。この宝をゲットするには、3つのキーを探すためのゲームをクリアしなければならないが、今だキーをゲットしたものはいなかった…

CMではゲームを第三者の立場で観る映画的な雰囲気ですが、気が付けば思わず歓声をあげてしまいそうになる自分がいました。ああ、どうして日本では映画を観て歓声があげられないのでしょう。とても残念です。

 

続きを読む "レディ・プレイヤーワン" »

2018年5月 4日 (金)

リズと青い鳥

E235758bf8204b229211fb26191762fe

新宿ピカデリーで「リズと青い鳥」を観てきました。「響け!ユーフォニアム」のスピンアウト作品です。

内気なオーボエ担当みぞれは明るいフルート担当希美の友人ではあるが、友人の多い希美がいつか自分のもとを離れてしまうのではないかという漠然とした不安におびえていた。今年のコンクールの自由曲は童話「リズと青い鳥」を基にした曲だったが、この曲にはオーボエとフルートの掛け合いの部分があり、それは曲の根幹をなす大切なパートだったが、2人の葛藤を現すようにうまくいかないのだった…

この映画は童話パートと現実パートをまるで曲のように掛け合いで描いています。童話パートはそれはそれはステキできれいでかわいくて、私なんか目がハートlovelyなのですが、えーと…映画館に来ている人のほとんどは男性なんですが、このパート男性陣は大丈夫なのかな?モジモジしちゃわないかな?とかかえって心配になっちゃいましたが、一緒に観に行ったダンナは「え?何が?いーじゃない、めっちゃ萌えたよheart01」と上機嫌だったのでこれは杞憂だったということかな。

続きを読む "リズと青い鳥" »

2018年4月17日 (火)

名探偵コナン ゼロの執行人

2062f24fab03419480a6e5c7f3f205f6

TOHOシネマズ新宿で「名探偵コナン ゼロの執行人」を観てきました。平日で夜でレディースデイでもないのにほぼ満席とはすごい。そしてほとんどが30歳前後だ。初期コナンのファンが大きくなって、そのままスライドしてきたのね。まあここに子供と一緒に見続けて子供が一緒に来なくなってもさらに見続けている中年夫婦もいるわけですが…やはり肩身が狭いのでせめてプレミアムシートド真ん中の席を買って大人の余裕を見せてやりましたよ…_| ̄|○

東京サミットを控えた東京湾の大娯楽施設エッジオブオーシャン。公安によるチェックが行われたまさにその時起きた爆発により降谷零(安室透)が巻き込まれる。その犯人として逮捕されたのはなんと毛利小五郎だった。

今年は公安の安室さんが中心のストーリーですので、ここまでくるとお子さんは置いてけぼりなうえに、大人だって「?」の人がたくさんいるはず。それほど本格的なサスペンスとなっております。しかしコナンシリーズってずるいですよ。そもそもがファンタジーの世界なのでなんでもありなんだもん。面白いから許すけど。ものすごいカーアクションシーンも必見です。

 

続きを読む "名探偵コナン ゼロの執行人" »

2018年4月11日 (水)

グレイテスト・ショーマン

3fdd006e54834067859772c51aec5a73

ミュージカルには全く興味ないのですが、ひとりで観に行ったダンナがどーしても観ろと言うので「グレイテスト・ショーマン」を観てきました。TOHOシネマズ新宿のTCX&ドルビーアトモスでね。あら、見逃さなくてよかった。

バーナム(ヒュー・ジャックマン)は貧しい仕立て屋の息子だったがすばらしいアイデアで世界初のサーカスを興す。

ストーリーはまあだいたいこんな感じだろうなあと思った通りに進むのです。こんな早い時間にこういう展開だと次はこうなるよね…ああ、だからテントだよね、と次から次へと先が読めてしまう。期待を裏切らないという意味では悪くは無い展開だったりしますが…しかしながら曲と踊りがめっちゃくちゃにイイsign03サントラが欲しいくらいです。オープニングからグッと掴まれるようなシーンが続き、小さい頃にサーカスを観てうわーっhappy02と叫んだあの感動が蘇ってきました。映画館で拍手できないのが残念でしたね〜。

びっくり箱は開けるとどうなるかわかっているのにびっくりするために開けるもの。この映画はこれに似ています。これは映画館で観なきゃですよ。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31