映画

2017年5月10日 (水)

バーニング・オーシャン

Img_0302

吉祥寺オデオンで「バーニング・オーシャン」を観てきました。

スタジアムシートではないので普段はこの劇場では観ないのですが、上映時間がちょうどいいのはここしかなかったので。今回チケットを窓口で買うときに席を指定して予約できるようになったのがわかったので、わざわざ前に人のいない所を教えてもらってチケットを買ったのですが、上映直前に背の高い男性が前に座ってしまって字幕が見えづらい…bearing予約制だから席の移動も出来ないし、悩ましいです。

劇場を見回すといろんなところが新しく改装されていて、椅子もきれいで広いものになっていましたし、トイレもきれいで、廊下のカーペットも新品。待合に椅子とテーブルまであって、時間まで立って待ってなくていいのです。あー、これでスタジアムシートだったら電車や車に乗ってわざわざ映画観に行かなくていいのになあ。残念無念です。

メキシコ湾に浮かぶ石油掘削施設ディープウォーターホライズン(海の深い部分にある石油を掘削するためアンカーを打ち付けたりせず、可動式の巨大な設備が文字通り浮かんでいます)で働くマイク(マーク・ウォールバーグ)を中心に、2010年4月20日に発生した爆発事故で一体何が起こっていたのかを徹底的に再現した映画です。

技術的な表現が多いためわかりにくい部分も多々ありますが、ヤフー映画のコメント欄にいわゆる「中の人」が説明をわかりやすく投稿されていて助かりました。あと、事実に基づく話ですので、ネタバレとかは気にせずHPの「ストーリー」欄を読んでから観るとさらによく理解できます。

しかしここでもやはり邦題で苦しんだ跡が見えます。現題は「ディープウォーター・ホライズン」。アメリカの人ならあああの事故ね、とピンとくるらしいですが、日本ではこないです。かといって、メキシコ「湾」なのに「オーシャン」ってのもどうかと…目の前で燃え盛る石油の海を見たらやっぱりバーニング・オーシャンという気分なのかしら。

 

続きを読む "バーニング・オーシャン" »

2017年4月25日 (火)

キングコング ー髑髏島の巨神ー

Img_1068

TOHOシネマズ新宿で「キングコングー髑髏島の巨神ー」を観てきました。まあこの手の映画は結末が決まっているのでネタバレとか気にしないでいいのが気楽だ。

ベトナム戦争終息後、未知の生物を調査するため学者、傭兵(トム・ヒドルストン)、カメラマン、パッカード大佐(サミュエルLジャクソン)率いる軍人などで結成されたチームはスカルアイランドと呼ばれる島へ上陸するが…

この映画の見どころはサミュエルLジャクソンが名台詞「マザー・〇ァッカー!」を言うかどうかという点です( `ー´)キリッいや、それだけじゃないです。

エンドクレジットの後にいろいろあるので、絶対帰っちゃダメですよsign03

 

続きを読む "キングコング ー髑髏島の巨神ー" »

2017年4月20日 (木)

名探偵コナン ーから紅の恋文ー

Img_1209

TOHOシネマズ新宿で「名探偵コナンーから紅の恋歌ー」を観てきました。映画が終わってエスカレーターの前でトイレに行ったダンナを待っていたら、私ら夫婦が最高齢グループなのがよーくわかりました。はいはい、どうせロートルヲタクですよ。

日本の競技カルタをけん引する「皐月会」の会見が行われている日売テレビビルで爆破事件が発生したが、犯行声明もなく、いぶかしむコナンと平治。この事件で負傷した女子高生の代わりに和葉が皐月会主催の競技大会に出ることになるが…

競技カルタなめんなよannoyという全国の競技者の声が聞こえてこないでもないですが、今回ラブコメ主体なんで、それなりに伏線がしっかりしとかないとということで勘弁していただきたいところです。それにしてもダンナと一緒に「ちはやふる」アニメ版観といてよかった。「競技カルタがそもそもわからん」という声を帰り道で結構たくさん聞いたもんで。

なんでも青山剛昌さんが「ちはやふる」のファンなのだそうですね。この映画のHPにもコラボ映像があって、なかなか見ごたえありますよ。ぜひごらんください。

それにしても…あの句を知らないなんて、蘭ちゃんあんたホントに高校生?中学校からやり直したまへ。

 

続きを読む "名探偵コナン ーから紅の恋文ー" »

2017年4月19日 (水)

ムーンライト

Img_0300

TOHOシネマズ新宿で「ムーンライト」を観てきました。

マイアミの貧困地帯に暮らす少年シャロンは学校ではいじめられ、家庭では母親が麻薬常習者のため育児放棄されていた。心を許すのは、学校で唯一自分と親しくしてくれるケヴィンと、フアンという男だけだった。ある夜、シャロンは幸せな経験をするが、そのあと地獄にたたきつけられる。そして彼の人生は大きく変わる…

こういう重いテーマの映画を観た後はたいてい打ちのめされて暗ーい気分で帰らなきゃなのですが、今回は…

 

続きを読む "ムーンライト" »

2017年3月29日 (水)

ラビング 愛という名前のふたり

171277_1

TOHOシネマズシャンテで「ラビング 愛という名のふたり」を観てきました。

1958年バージニア州。彼女から妊娠を告げられさっそくワシントンで結婚した二人だったが、二人は真夜中にいきなり逮捕される。男は白人、女はアフリカ系。当時異人種間の結婚はバージニア州では禁止だったのだ。

Lovingさんというウソのようなホントにいた人たちの話です。下手すると裁判映画になってしまうこの映画ですが、観てみると裁判関連は物足りないほどあっさりと片付けられていて、ほとんどは二人がどのように生活していたかを淡々と描いています。

続きを読む "ラビング 愛という名前のふたり" »

2017年3月14日 (火)

ラ・ラ・ランド

Img_0283

TOHOシネマズ新宿で「ラ・ラ・ランド」を観てきました。

2日前に予約をしようとサイトを開いたら、結構席が埋まっていたので、初めてプレミアボックスシートを利用してみました。いや~すばらしいですね。隣と仕切りがあるので映画に集中できるし、シートは広いし。ただ、仕切りが少し主導で開けられるとはいえ、カップルで座るとデートっていう雰囲気にはならないので注意が必要かもしれないですが、私らは中年夫婦なのでポップコーンがちょっと遠いな、ぐらいにしか思いませんでした。

また、この映画は広ーい幅のシネマスコープなので迫力満点です。久しぶりに一番後ろではなく(背中を蹴られるのがホントに嫌だから)中央部分での鑑賞でしたが、しょっぱなのド迫力のシーンを見るのに素晴らしくふさわしい場所でしたね。

アカデミー賞の作品賞発表での酷いトラブルで話題にもなりましたが、これが作品賞とれないなら、一体「ムーンライト」ってどんなすごい映画なのかと。目新しい演出、迫力ある画面、素晴らしい音楽、臨場感あるカメラワーク、そしてなによりバッドエンドともハッピーエンドともいえる素晴らしいストーリー。どこにでもありそうな話なのにこんなにも感動的に見せられるのかと驚きを禁じえません。ラストのクライマックスでは流れ出る涙を止めることはできませんでしたが・・・

以下ネタバレですので、映画館で観てからにしてください。感動が薄れちゃう。

 

続きを読む "ラ・ラ・ランド" »

2017年3月13日 (月)

相棒

Img_0913

TOHOシネマズ府中で「相棒劇場版Ⅳ」を観てきました。テレビシリーズもずいぶん長くなって、おなじみのキャラクターも出なくなったりしてすごく寂しかったりもするのですが、映画版になるとその人たちもちょいちょい出たりして楽しいものです。

日本政府が政治的な理由から闇に葬った、国際犯罪組織による少女誘拐事件。7年後、犯人一味が再び動き出して政府を脅迫する。国連捜査官に協力して捜査に当たる刑事、右京は着実に真相に近付くが、やがて東京が大規模テロの標的となっていることが判明し……(ぴあ映画生活より)

どうでもいいことですが毎回テレ朝のドラマを見るたび(「科捜研の女」とか意外と見てますわー)に思うのですが、こういうテロ組織などの犯罪集団がネットで犯行予告をする場合のサイトのデザインがダサい。なんだか番組自体が安っぽく感じてしまうんで何とかしたほうがいいと思うんです。いっそサイト出さないとか。

この映画の主なロケ地は私の故郷・北九州市で撮影されました。今、北九州市はこれで観光を盛り上げているのですよ。でも銀座という設定なのでちょっと見ただけではどこだか全然わからないなあ。何十年も離れていると、生まれ育った場所も名物も変わってしまいますね。

 

続きを読む "相棒" »

2017年3月 2日 (木)

エゴン・シーレ 死と乙女

Img_0249

渋谷ル・シネマで「エゴン・シーレ 死と乙女 」を観てきました。

一番後ろの席の端っこから2番目の席で始まるのを待っていると、お隣の小柄なおばちゃまがいろいろ話しかけてきて、それが結構盛り上がったりして、映画が終わってからも感想を言い合ったりして、おばさんになってよかったと思う今日この頃です。

クリムトに紹介されたモデル・ヴァリとの出会いによって、シーレは飛躍的にその名声を確かなものにしていくが・・・

ゴッホとは違い、生前に自分の成功を見ることができた画家、エゴン・シーレ。幼少時に父が亡くなっても美術アカデミーへ入学でき、豊かな後見人である叔父をもち、美貌に恵まれ、もちろん才能にあふれ、好き勝手やって死んだ彼の破天荒な人生の映画化です。脚色なしでも十分ドラマチックな人生ですが、一言いいたい。

エゴン・シーレ、ホントお前、クソ野郎だな。

続きを読む "エゴン・シーレ 死と乙女" »

2017年2月27日 (月)

ドクター ・ストレンジ

Img_0252

TOHOシネマズ渋谷で「ドクター・ストレンジ」を観てきました。あー、3Dで観なくてよかったsign03ある意味今までのマーベルものにはない、ものすごいスピード感&幻想的な映像ですので、3Dで見たら酔っちゃうとこでした。

交通事故で両手の機能を失い、医療にも周囲にも見放された天才外科医、ストレンジ。彼は絶望の中、神秘の力を操る指導者エンシェント・ワンの元にたどり着く。そこで未知なる世界を体験したストレンジは、失った栄光を取り戻すため、厳しい修行に挑むことに…(ぴあ映画生活より)

やっぱマッツ・ミケルセンは悪役がいいsign03スターウォーズでは主人公のお父さんの役で出ててまああれはあれでいいけれどもあの迫力のある目は悪役で生かしてほしい。そしてカンバーバッチはシャーロックといい天才&傲慢な役が超似合います。傲慢でも許しちゃうような抗いがたい魅力と、その後反省した彼の涙にキュンキュンしちゃいますlovelyheart04本人は極めて謙虚でシャイで感激屋さんなんですけどね。

そしてこの映画の教訓。
「安全運転を心がけ、適正な速度で走行しましょう。」

続きを読む "ドクター ・ストレンジ" »

2017年2月20日 (月)

ザ・コンサルタント

Img_0250

新宿ピカデリーで「ザ・コンサルタント」を観てきました。

会計コンサルタント、クリスチャン・ウルフの元に、大企業からの財務調査依頼が舞い込む。彼は重大な不正を発見するが、依頼は一方的に打ち切られる。その日から、ウルフは何者かに命を狙われるように。実は彼は、危険な顧客を抱える裏社会の掃除屋でもあり……(ぴあ映画生活)

うーん・・・ちょっとニュアンスが違うんだなあ・・・まあネットで書きにくいという事情もあるでしょうが、こう書いちゃうとなんだかフツーのサスペンス映画みたいじゃないですか(すいません、ぴあさんいつもお世話になってますsweat01)。あと、このポスターも微妙だと思うの・・・というのは、この映画、こう見えて実はめっちゃ面白いと思うのは私がもと経理のお局様であり、ダンナも財務だからというのが影響している・・・かなやっぱり。でもそれを差っ引いても絶対面白いはずなのです。

それでさあ、彼は「コンサル」じゃないよね。腕のいい「会計士」なのよ。それに本業は会計士だと思う。でも、かといって「ザ・会計士」じゃものすごくヘンだし、accountantじゃなんのこったかさっぱりだし、腕っぷしが強いのはどう織り込んだらいいのか、など配給会社の苦悩が感じられるポスターです。

続きを読む "ザ・コンサルタント" »

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31