趣味

2019年4月30日 (火)

猫都(ニャンと)のアイドル展at 百段階段 目黒雅叙園

97e5304d6d67414cb3e42179aec6d864

目黒雅叙園で毎年開催されている猫のイベント、いつもはどうもタイミングが合わず行けてなかったのですが、今年は東さなぼさんの個展の初日が空いていたので、ファン友のAJとはりきって行ってきました。

目黒雅叙園に行くのに変な格好で行きたくはないが、今日は雨(T-T)着物は無理かと思われましたが、私にはデニム着物という味方があったではないか。ということで汚れが目立たない黒のデニム着物に、インドのサリーで作った帯を締めてレッツゴー‼️

続きを読む "猫都(ニャンと)のアイドル展at 百段階段 目黒雅叙園" »

2019年2月 9日 (土)

ももクロくらぶxoxo バレンタインDe NIGHT だぁ〜Z!2019

6fee64ffd2aa47bcbce3b1b9522889ff

毎年恒例のももクロちゃんのバレンタインイベントに行って来ました。

1年経つのは本当に早い…昨年のバレイベではモモカの卒業から間もなくて、ただ楽しいだけのいつものライブでは決してありませんでした。またもや色々話題が出て来てはいるけれど、ももクロちゃんたちの前を向く姿勢に習って楽しくGO‼️

と勢い込んで参加したライブに驚きの出来事が…

 

続きを読む "ももクロくらぶxoxo バレンタインDe NIGHT だぁ〜Z!2019" »

2018年11月18日 (日)

一条ゆかり展

915d51c3c57d43689ca6d42e227cf0f4

中学時代からの親友AとGと一緒に弥生美術館で「一条ゆかり展」をみてきました。

一番最初に自分で買ったコミックスはなんだっけ。たぶん一条ゆかり先生の「9月のポピィ」です。私の子供時代は先生の作品がいつも一緒。「砂の城」は最終回ですごい衝撃を受け、同級生なんかは「こんな結末を見るために長い間りぼんを買っていたんじゃないっ」と泣きながら言ってたっけ。

というわけでその中学高校と一緒に過ごした人達と展示を見ていくとそれは私たちのアルバムを見ているようでした。通学のバスの中で一緒に読んだ「有閑倶楽部」、私は読むのが早いので「早くページめくれ〜」とじれったくてしょうがなかったなあ。「ときめきのシルバースター」の展示を見ながら「わたしのすきなもの…アヴィランドのティーセット」とセリフをいったり、楽しいったらありゃしないですわ。

そしてカラー原画の繊細なこと…これってホントに手で描いてるんだよね❓すごいなあ〜❗️デジタルじゃあこの味は出ないんだよね〜、これどうやって描いてんの❓とヒソヒソ盛り上がりました。

「デザイナー」とか「5愛のルール」とかりぼんで掲載するには余りにも大人っぽい作品を次々に発表したのは驚くべきことです。当時は乙女チックが全盛で、その中にこんなすごいフランス映画みたいな作品が混ざってるっていうところに当時の編集部の包容力を感じますが、さすがに「5愛のルール」は余りにも大人っぽすぎて打ち切られたらしいですね。先生の目の具合が良ければ完結させてほしいところですが、それが無理ならネームは一条先生、もんでんあきこ先生画でお願いしたいです。

続きを読む "一条ゆかり展" »

2018年10月 7日 (日)

ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?

De0556cd8209454297b4c21e81c80867

舞浜アンフィシアターでももクロ初のミュージカル「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」を観てきました。今回初めての経験だったのは、まずももクロちゃんたちを生で観るのにフツーにドレスアップしていること(なんなら光り物も身につけている)、歌を歌ってるのにコールなし、スタンディングなし。ほほほ、ミュージカルですもの、奥さま。

一番最初にミュージカルに挑戦って聞いた時はもう心配で心配で、以前に比べれば随分と歌唱力は付いてきたとは言え、本格ミュージカル女優さんを向こうに回して大丈夫なのかとか、やきもきしていた今日この頃だったのですが、はっきり言って杞憂でした。すみません、こんだけ推してるのにナメてたとしか言えません。

そりゃああのシルビア・グラブさんや星組トップ娘役だった妃海風さんに勝てるとは申しません。実際このお二方が歌うももクロの曲ったらものすごい大迫力で、2人の間にチームワークの他にも火花がバッチバチ散ってるほどですからね。でもでも、ももクロの凄さはむしろ「ムリだよ〜」というときこそジャンプアップすること。で今日一番驚いたのは

歌が上手くなってる‼️

確かにミュージカルの歌い方かといえばそうでもないけれど、声量も増えて伸びがいい。すごいじゃないまったく、いつもこの人達には驚かされっぱなしです。きっとお二方から吸収することが多かったんでしょうね〜。ご教授ありがとうございました。

脚本もさすが日本一のモノノフを称してはばからない鈴木聡氏。ももクロちゃんたちの活動とシンクロさせて物語を展開し、そのつもりは全然なかったのに感動してしまって動揺しました。ただぼんやり人生を送るのは生きてるとは言えないけれど、かといって人と違う特別な人生を送ることだけが完全燃焼とは言えない。自分の中の秘めたる情熱は今を精一杯生きることで昇華し、本当の生を生きることができるのだ…(T ^ T)

本当は舞台劇とかミュージカルってあんまり好きではなくて、どちらかというと「ももクロちゃんたちが頑張ってるから応援の意味で行こう」的なノリでしたが、思いがけずいい経験が出来ました。ありがとう、ももクロちゃん‼️


2018年8月 5日 (日)

MomocloMania2018 -Road to 2020-

86ee0cb5dca3445f823284d4c454f7d9

ZOZOマリンスタジアムで開催された「MomocloMania2018 -Road to 2020-」に参戦してきました。このところの暑さも少しは収まったところでよかったとはいえ、やっぱり暑いことは暑かったですわ~

 

続きを読む "MomocloMania2018 -Road to 2020-" »

2018年7月20日 (金)

東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帳(こびきちょうなぞときちょう)

7c5326919a174492bc32dc26abd40351

せっかくこの猛暑の中銀座まで出てきたので、ついでに東劇でシネマ歌舞伎「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帳(こびきちょうなぞときちょう)」を観てきました。映画館に行くのもためらわれるほどの酷暑ですが、行かないと後悔するよね。

一大旋風を巻き起こした弥次喜多が帰ってきた‼️第2弾はなんと殺人事件だ。「真実はいつもひとつ‼️」

…ってセリフがホントにあってですな、オバサマ達は分かってらっしゃるのかしらん。古畑任三郎もどきの岡っ引きが登場したり、猿之助さんが平泉成の声色を使ったり(ものすごく似てる)、演じてる役者さん達が大変な中にも楽しんでいる雰囲気が伺えて、観てるこちらもすごく楽しくなっちゃうのです。

劇中劇「義経千本桜」での相変わらずの弥次喜多の失敗ぶりは大笑い巳之助さんの赤姫衣装を身につけた「男の地金」の見せっぷりも最高だし、あー、なんでライブで観なかったんだろうただ、今回の弥次喜多は殺人事件なので割とじっくりで、展開の速さやリズムは前回の方がよかったかな~。

というわけで3作目をナマで観るべく、イヌトモと調整して歌舞伎座の八月公演二部のチケットゲットしました。ああ楽しみ

羽海野チカの世界展

9f2687fb609f4e569523afd8a523142b_2

せっかく激アツの中出かけて来たのだからと、松屋銀座さんで開催中の「羽海野チカの世界展」へも寄ってみました。一度は行ってみたいと思いつつも、なかなか行けなかったこのイベント、ついに来たわ…大盛況でした。

 

続きを読む "羽海野チカの世界展" »

アトリエNOBUさんの根付

64d4721e0c124f5d8b36a46ecd4a68a9

先日GINZASIXにあるOKANOさんという博多織のお店を冷かしていたら、きれいな金魚の根付がありました。聞くと、アトリエNOBUさん(おお、聞いたことあるぞ吉祥寺の方じゃない?)という女性の作家さんによる手作りのものだそう。ただそこにあるのは金色だったので、「銀色があったら買うけどなあ。」と後ろ髪惹かれつつお店を後にしたのでした。

後日店長さん(着物イケメン)からお電話をいただき、「ちょうど作家さんが日程とれるそうで、本当はもっとお時間いただくんですが作っていただけるそうですよ」

というわけで作っていただいたこの根付、今日受け取りに行きました。いいでしょ~この立体感&躍動感キリっと涼しい銀色の金魚。夏着物に麻の帯締めて、これをつけてどこへ行こう。

 

2018年6月14日 (木)

六月大歌舞伎

E42382bf34814a4982ed2abb9e923dee

イヌ友のモコママが抽選で歌舞伎座の一等席の半額チケットが当たったということなので、一緒に六月大歌舞伎夜の部を見に行ってきました。

今日の着物はサーモンピンクの象山生紬の単。友禅染で着物着物してるのであんまり着ないんだけど、こういう時はいいね。

夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)は住吉神社の鳥居前から始まります。人情物なので語りが多くてちょっと眠気が私を襲いますが、それでも何と言っても今日の見どころはこの人、琴浦役の中村米吉さん昨今「かわいすぎるお女形」と有名で、かわいいたれ目と何と言ってもあの声男の人ではないみたいな可憐な声の持ち主なのです。ご本人を見るとまあたれ目ちゃんではありますがそんなに細っというわけでもなく、フツーな25歳の若者ですが、男の人の声じゃないんですよ。雲の絶間姫見たかったわ…

巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)は夏らしく怪談ものですが、コメディー仕立てになってて笑う笑う中村芝翫(ちょっと前まで橋之助)が老人の破戒僧役できったないのですが動きもセリフ回しもユーモラスで。ちょっと志村けん入ってる。そして尾上松緑がやるなあ~と感心しました。迫力ある動き、ものすごい目力、悪役なのに憎めないかわいらしさ。芝翫に「なんだよ、目ばっかぎょろぎょろさせやがって」(( ´∀` ))と言われ「うるっせえな、ぎょろ目は親譲りなんでえ」と言い返してるのが笑えた~。

ただひとつだけ残念だったのは、歌舞伎座の地下で売ってるお弁当…高いけどやっぱりあんまり美味しくない。せっかくだったら新宿でなだ万買って、丸ノ内線で来ればよかったなあ。

 

 

2018年5月23日 (水)

桃響導夢 2日目

Logo_sp

さて2日目…というか、もともとはこちらが唯一の10周年ライブだったわけで、そのあたりを「今日という重要な日をただのライブ2日目にしてしまった」との意見もありますが、「ももクロなんかもうピークアウトしてるんだからドーム5万人なんかガラガラだろ」と言われていたのがものすごい落選祭りで、その人達のためにコストのかかる東京ドームをもう1日押さえてくれた運営にもうしわけないというもの。プログラムも違うし、ただでさえ1人減って大変な中、2倍手間暇かけてくれたももクロちゃんにありがとうと言いたいです。

続きを読む "桃響導夢 2日目" »

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30