« 余韻覚めやらず | トップページ | レプリカズ »

2019年5月12日 (日)

日本フィル 第380回名曲コンサート

2d1f8a9dd55e4b18a035f28d1b90e993

高校時代からの友人AJとBとで「日本フィルハーモニー交響楽団 第380回名曲コンサート」に行ってきました。だって3人が推してる反田恭平君が出るんだもん❤️日本フィル初めてだなあ。てか、日本の交響楽団すごい久しぶり。

ホントは反田君がお目当てで来たのですが、とにかくびっくりの連続で。指揮者のラザレフ氏、ダダッと走ってきて指揮台に飛び乗ったと同時にもう振り始める( ゚д゚)ハャッ!聴衆や演者さんを「もっともっと❗️」と煽ったり聴衆の方を向いて指揮したり、面白いったらない。そして1曲めの戴冠式祝典行進曲の音のキラキラしいことと言ったら、まばゆいほどでした。なんて派手な‼️

と思えば反田恭平君とのピアノ協奏曲第1番は重々しくも繊細で、ピアノを最大限に引き立てるオケ。反田君の弾くピアノは今日もよく鳴ってて、AJなんかゾーンに入ったようで聴いてる間妄想に取り憑かれてたそうですよ。妄想とまではいかないまでも、あのドラマチックなピアノは引き摺り込まれちゃうよね。

神尾真由子さんとのヴァイオリン協奏曲ニ長調でもラザレフ氏は素晴らしいバランスで聴かせてくれます。私は昔からこの曲が大好きです。華麗な曲なのにどことなく土臭く、ロシアの情景が目に浮かぶようではないですか。ハイフェッツの音源をエフエムでエアチェックしたテープで(時代だなあ)何回も聴いていたので頭の中は古い奏法で埋まっていたのですが、今回の神尾さんの演奏で上手く上書き保存できました。なるほど、これが現代の奏法か。洗練されてるなあ。

そして「白鳥の湖」では氏のボリショイ劇場での経験を生かした本領発揮、まるで聴くバレエのようでした。ボリショイのオーケストラボックスではこんなすごい事が起こっていたのね❗️

日本フィルなかなかやるなあ。特にオーボエ奏者のお姉さんなかなかの巧者です。木管のバランスもすごく良くて、まろいいい響きでした。会員になっちゃおうかなあ。

楽しい演奏会の後は楽しい食事。お隣のANAインターコンチネンタルのカスケイドカフェで北海道ディナービュッフェを堪能しつつ、興奮気味に…っていつもか…弾丸トークを繰り広げたのでした。

« 余韻覚めやらず | トップページ | レプリカズ »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 余韻覚めやらず | トップページ | レプリカズ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30