« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月21日 (火)

レプリカズ

3d56144341c1428fb6ba7b01744ad547

すごい雨だったのですが予約していたのでTOHOシネマズ府中で「レプリカズ」を観てきました。こんな雨の日に出歩く物好きは少なく、場内8人くらいでしたが、行ってよかった〜。思ってたのと全然違う仕上がりでしたよ。

死んだ人の意識を人工脳に移す実験をしているウィリアム(キアヌ)は家族との休暇旅行に出かける途中で事故に遭い、家族全員を失う。実験している技術を使って家族を取り戻そうとするウィリアムだが…

キアヌは両親との絆が薄く、実の妹は白血病で療養中、恋人との間に授かった子供は8カ月の時に死産、その恋人もまもなく交通事故で死んでしまうという境遇にあるので、「ジョン・ウィック」やこの映画のような作品に出演しているのを見ると胸が締め付けられます。

 

続きを読む "レプリカズ" »

2019年5月12日 (日)

日本フィル 第380回名曲コンサート

2d1f8a9dd55e4b18a035f28d1b90e993

高校時代からの友人AJとBとで「日本フィルハーモニー交響楽団 第380回名曲コンサート」に行ってきました。だって3人が推してる反田恭平君が出るんだもん❤️日本フィル初めてだなあ。てか、日本の交響楽団すごい久しぶり。

ホントは反田君がお目当てで来たのですが、とにかくびっくりの連続で。指揮者のラザレフ氏、ダダッと走ってきて指揮台に飛び乗ったと同時にもう振り始める( ゚д゚)ハャッ!聴衆や演者さんを「もっともっと❗️」と煽ったり聴衆の方を向いて指揮したり、面白いったらない。そして1曲めの戴冠式祝典行進曲の音のキラキラしいことと言ったら、まばゆいほどでした。なんて派手な‼️

と思えば反田恭平君とのピアノ協奏曲第1番は重々しくも繊細で、ピアノを最大限に引き立てるオケ。反田君の弾くピアノは今日もよく鳴ってて、AJなんかゾーンに入ったようで聴いてる間妄想に取り憑かれてたそうですよ。妄想とまではいかないまでも、あのドラマチックなピアノは引き摺り込まれちゃうよね。

神尾真由子さんとのヴァイオリン協奏曲ニ長調でもラザレフ氏は素晴らしいバランスで聴かせてくれます。私は昔からこの曲が大好きです。華麗な曲なのにどことなく土臭く、ロシアの情景が目に浮かぶようではないですか。ハイフェッツの音源をエフエムでエアチェックしたテープで(時代だなあ)何回も聴いていたので頭の中は古い奏法で埋まっていたのですが、今回の神尾さんの演奏で上手く上書き保存できました。なるほど、これが現代の奏法か。洗練されてるなあ。

そして「白鳥の湖」では氏のボリショイ劇場での経験を生かした本領発揮、まるで聴くバレエのようでした。ボリショイのオーケストラボックスではこんなすごい事が起こっていたのね❗️

日本フィルなかなかやるなあ。特にオーボエ奏者のお姉さんなかなかの巧者です。木管のバランスもすごく良くて、まろいいい響きでした。会員になっちゃおうかなあ。

楽しい演奏会の後は楽しい食事。お隣のANAインターコンチネンタルのカスケイドカフェで北海道ディナービュッフェを堪能しつつ、興奮気味に…っていつもか…弾丸トークを繰り広げたのでした。

2019年5月 4日 (土)

余韻覚めやらず

D258bbd7d2bc41bfb3173e00a9f315ea

ウチのアベンジャーズ(^_^;)

音楽付けた画像もあるんだけど、まだココログがバタバタしてて貼り付けられないみたいだから落ち着いたら張り替えます。

2019年5月 3日 (金)

アベンジャーズ エンドゲーム

1bcbac6e323449b4873c02b05014b244

TOHOシネマズ新宿で「アベンジャーズエンドゲーム」観てきました。3時間以上の上映時間なので1日がかりです。当然ものすごい混雑で、男子トイレに行列が出来てるの初めて見ました。そして見終わった後、膀胱が破裂しそうになってるのに気がつきました。

サノスのアレ(と登場人物が言ってる)の後。残されたアベンジャーズのメンバーに何が出来るのか。失われた人々を取り戻す戦いが始まる。

楽しみにしてたシリーズが終わるのはとっても寂しいけど、過去の映像見たらもう限界なのがわかってしまいます。みんなトシ取ったわー。こんなにバッキバキに身体作ってアクションやってたら死んじゃうでしょう。これからは若い人のシリーズでやってくのね。それもまた楽しみかな。でもさあ、もうみんなでワイワイやってるとことか見られないと思うと、やっぱ寂しい〜💦こんなに寂しいのは、ただ長い間観てたからってだけじゃなくて、すごくキャラに思い入れがあるからなんだね。これは悪いけどDCの方にはには感じない親近感です。ただの映画の中の人、っていうんじゃなくて、制作側が親しみを持てるようにしてくれてたんですね。まんまと術中に引っかかっちまったぜぃ。

というわけで、こっからネタバレを含む感想です。

続きを読む "アベンジャーズ エンドゲーム" »

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30