« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月30日 (水)

マチルダ 禁断の恋

6c87d929fa5f48d785d01fa1c50e424c

アップリンク吉祥寺で「マチルダ・禁断の恋」を観てきました。こういう映画を歩いて観に行けるのは本当に嬉しいです。それにしても、何回もアップリンク吉祥寺に来ているのに、どうしてスクリーン2しか入ったことないのか不思議。ほかのスクリーンでも観てみたい。

19世紀末。バレリーナのマチルダ(ミハリナ・オルシャンスカ)に一目惚れしたニコライ二世(ラース・アイディンガー)は激しく愛し合うようになったが、彼にはヘッセン大公女アリックスという婚約者がいた。

ストーリーはハッキリ言ってメロドラマです。音楽もあまーーーーーーい甘すぎるよ。そして世界史を少しだけでもかじったことがあれば、この二人がどうなったか知っているはず。だがしかし。これは思うに「ザ・映画」です。

マチルダは実在の人物でマリインスキー劇場のバレリーナだったので(しかもプリマ・バレリーナ・アッソルータという世界的に認められたバレリーナ)、きらめくマリインスキー劇場でロケ(ただしバレリーナはペルミバレエの方々。)。踊るバレエは古典的なスタイルとオリジナル振り付けで、古典的踊り方。夏の宮殿(エカテリーナ宮殿)でもロケをしているし、7000点にも及ぶ衣装小物の布総重量17トンよく資金が集まったものですなあ。

ロシア国内ではニコライ二世を聖人視している人々も多く、このスキャンダラスなストーリーに反発して上映禁止に追い込まれたり、プーチン大統領までが論争に参戦したりと、この映画が国に与えた影響もすさまじいものがあります。

今邦画でこんなにスケールの大きいものは存在しないので、とてもうらやましいです。そういえば国内では映画どころか年末スペシャルドラマみたいな大がかりなものもなくなったし、大物の女優俳優さんたちがもったいないなあ。私の大学生くらいの時は年末2夜連続6時間ドラマとかあって、紅白も観たいけどこっちも観ないとと大変でしたよ。忠臣蔵すごかったな~。セットとか超リアル&お金かかってて見応えあったし、坂上忍が大石主税の役で、父の大石内蔵助(里見浩太朗)から切腹の作法を習ってるシーンで大泣きしたっけなあ。

話題は反れましたが、この映画は劇場で観ないと意味がない。きらめくロシア帝国の最後の輝きを見逃してはいけませんよ

 

2019年1月21日 (月)

ミスター・ガラス

1ee7c29c15824080b8395bc409b03d73

TOHOシネマズ府中で「ミスター・ガラス」を観てきました。年末年始なんだかバタバタ忙しくて、映画あんまり観られなかったし、見逃したのがいっぱいあって残念。遅くなっちゃったけど、年始一発目は楽しみにしてたシャマラン監督作品でキマリです。

アメコミに出てくるような超人の実在を確信する異常な頭脳を持つイライジャ(サミュエル・L・ジャクソン)は、その証明のために大量殺人を犯した。アンブレイカブルとして実在を証明されたデヴィッド・ダン(ブルース・ウィリス)は自分の特殊能力を生かして街のために自警活動をしていたが、頻発する行方不明事件の犯人としてマークした相手がビースト、ケヴィン・ウェンデル・クラム(ジェームズ・マカヴォイ)だった。3人は捕らえられ、「精神病」として「治療」を受けることになったが…

M.ナイト・シャマラン監督「アンブレイカブル」「スピリット」に続く三部作第三弾。なるほど、「アンブレイカブル」単体だけよりもずっと世界観が理解しやすいです。なんてったってジェームス・マカヴォイの多重人格の演じ分けがすばらしかったからねえ。「パトリシア」大好き。その彼がどうからんでくるのか興味津々でした。

それにしてもこの精神科医、大槻教授みたいなのかと思ってたら想像の斜め上でした。
シャマラン監督「スピリット」に続きやるじゃないあんまりレビューを書くとネタバレになっちゃうのが申し訳ないからじれったいけれど、彼はこういう愛のお話を書かせるとホントに上手いなあ…

前2作を観てないとなにがなんだかわからないまま終わっちゃうかもしれませんので、必ず観てから映画館に出かけましょう。

 

続きを読む "ミスター・ガラス" »

2019年1月 2日 (水)

ニューイヤーコンサート2019 ウィーンフォルクスオーパー交響楽団

153c42b286234ab1b5ceccf55e4d6b5a

喪中なので新年のご挨拶は失礼させていただきますが、今年もよろしくお願いします。

毎年恒例の「<キューピー100周年スペシャル>ニューイヤーコンサート2019ウィーンフォルクスオーパー交響楽団~日本オーストリア有効50周年記念~」に行ってきました。タイトル長い。

今日の席はなんと前から2列目中央こんなに近くで聞いてるのに粒のそろった演奏は本当にお見事。全体のバランスもよくて、思わず脳内で「スウィーーーーート」と叫んでしまいましたよ。

指揮者のアレクサンダー・ジョエル氏は前々指揮者のおじいちゃんにそっくりのセッカチさんで、走って出てきてチャッと演奏始めて走って舞台裏へ引っ込みます

楽し気な演者、正月気分の観客、サビを聴いたら「あっ、この曲か」てみんな思うと思われる曲目、めっちゃ力のこもったブラボーなテノール、セクシーな歌だけどいやらしくないソプラノ、美人だけど演奏は漢なコンマス、美男美女のバレエダンサー(足音がしないように気を遣って踊る)、そして最高にゴキゲンな演奏。これだからこのコンサートはやめられません。プログラムが進むにつれて「ああ、もうすぐ終わっちゃう…」と残念に思うほどの楽しいコンサート。また来年も行きたいな。

 

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30