« スリー・ビルボード | トップページ | ペンタゴン・ペーパーズ-最高機密文書- »

2018年3月28日 (水)

シェイプオブウォーター

C0af97219b564fb4813f8f2d558e5e61

TOHOシネマズ新宿で「シェイプオブウォーター」を観てきました。

1962年。アメリカにある研究所の掃除婦として働くイライザは、研究所に運び込まれた不思議な生物を見てしまう。アマゾンの奥地では神と崇められていたその生物になぜか不思議なシンパシーを感じたイライザは…

アカデミー賞作品賞を獲得したけどなぜか上映期間短いのね。素晴らしい映画なのに。

 

2d7e68c5546248eea5bcf31371b03855

昔監督は「半魚人の逆襲」という映画を観ているとき、白人女性を愛してしまう半魚人が退治」されてしまうストーリーに悲しみを覚えたそうで、そのハッピーエンドストーリーとしてこの映画を撮ったとインタビューで語っていました。また監督はメキシカンですので、異文化の中で生きて差別される辛さを描いているようです。

以前から「美女と野獣」を見るたびにある違和感もまたここに表現されています。魔法が解けたら白人の王子様ってどゆこと⁉️そんななよっとした男が出てきたら「あー、ちょっと違う…」と思う女子だっているはず(私)。どうだカッコいい男になってよかっただろ的な欺瞞じゃないですかね。男性が思うほど女性は外見にこだわらないですけどね〜。

主人公が好きになる半魚人はアマゾンの奥地では神と崇められていただけあり高貴です。食事シーンでびっくりすることはありますが、そんなことは異文化の中ではよくあること。若い時は思ってたのと違うから別れるってのは多いでしょうが、色々な経験をした女性は愛する人を許すことを知っています。

美しいと感じる基準は人によって様々です。薄い本などの腐の世界では「人外」とかいうジャンルもありますので、日本人女子にとってはそんなにハードルの高い話ではありませんよね。

 

« スリー・ビルボード | トップページ | ペンタゴン・ペーパーズ-最高機密文書- »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/66547666

この記事へのトラックバック一覧です: シェイプオブウォーター:

« スリー・ビルボード | トップページ | ペンタゴン・ペーパーズ-最高機密文書- »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31