« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

ジャスティス・リーグ

4c99215a17d4473ebd86cc7845a65d90

TOHOシネマズ日本橋で「ジャスティス・リーグ」を観てきました。木曜日で天気が悪くて寒いからかびっくりするほど人少なっ❗️最近この手の大型ヒーロー映画はほとんど新宿で観てたからねえ。日本橋の客層とあわないのかしらん。

地球に散らばる3つのマザー・ボックス。これを集めると強大な力が得られるとして太古の昔封印されたものだったが、それを宇宙からの侵略者・ステッペンウルフが狙っていた。いち早く危機を察知したバットマンだったが、来るべき戦いのために仲間を集めて対抗することにしたのだが…

気のせいか、「ソー バトルロイヤル」の炎の巨人サーターとステッペンウルフがキャラ被りしているような気がする…デービーーーール!ってビジュアル。

作品群としてはこちらの方が古いのに、権利の問題がいろいろ面倒でもめてる間にマーベルが作品をまとめてアベンジャーズを大当たりさせてしまったので、負けじと(?)ジャスティスリーグの結成となりましたが、いかんせん前段階となる「マン・オブ・スティール」と「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」が暗くて…いまいち盛り上がりにかけてましてね。昔のスーパーマンのイメージからも抜けられないし。

クリストファー・リーブのスーパーマンが大好きで、あの明るい笑顔、田舎で健やかに育てられた素直さや茶目っ気に魅せられて何回もお小遣いをためて観に行ったものですよ。それがヘンリー・カヴィルのスーパーマンにはなくて、重々しく暗い。同じように演じる必要はないけれど、少なくとも私の大好きな彼ではなかったのです。

そして迎えた今作ジャスティス・リーグですが、まあこっちも観てみるかなーくらいの軽い気持ちで観に行ったのですが…あら、どうしましょう、意外にも面白いよ❓

前作2つを見なくても十分話は分かるようにできていますし(その割にはそんなに説明くさくはない)、これから先の展開も面白そうなので、いっちょ観に行ってみてはいかがでしょうかね。

 

続きを読む "ジャスティス・リーグ" »

2017年11月11日 (土)

ガールズ&パンツァー劇場版

86f45626b279446b8f1fa209d5c53197

最近、映画の面白いのが続々と公開されてて、とても追いつかないのです。特に私の好きなアニメが三部作だの映画版だので公開されているのは喜ばしくも忙しく、こんなに見なきゃいけないアニメが上映されるのは初めてじゃないだろうか。

戦車道トーナメントで優勝し、廃校の危機を逃れたように思えた大洗女子高の戦車部だったが、今度は大学選抜チームとの殲滅戦で勝たなければならない。圧倒的に戦力が不足している大洗女子高に対し、かつてのライバル校であった他校の戦車部員が応援に駆け付ける…

12/9から公開される「ガールズ&パンツァー最終章」に向けて2015年制作の「ガールズ&パンツァー劇場版」 がまたもやリバイバル上映されることになり、シアタス調布では一番音響のいいウルティラというシアターでやってくれました。この映画は音を愉しむ作品だから、ありがたいですね。実はこれ、テレビでしか観たことなかったので、今回映画館に観にきてしかも音響がいいシアターで観られて本当に良かったsign03戦車の走行音や爆裂音はもちろんのこと、弾が飛んで風を切る音がヒュッとかすめるよう…来てよかった。推しのカチューシャちゃんかわいいし。(私の隠れた特技に「『カチューシャ』をロシア語で歌える」というのがあるもんで。)

11/22までシアタス調布他で上映されていますので、ダバーイ楽しんでパジャルスタheart01なんのこっちゃ。

 

2017年11月 9日 (木)

マイティ・ソー バトルロイヤル

98d987515c5541389aa246253ae7068c
TOHOシネマズ新宿で「マイティ・ソーバトルロイヤル」を観てきました。マイティ・ソーのシリーズはあんまり興味がない(という割にはロキ役のトム・ヒドルストンが好きで全部見ているけれど)けども、来年公開の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」につながるお話なんで観ないとね…くらいのノリで観に行きましたが、すみません、めっちゃ面白かったです。大変失礼いたしました。
テーマソングはレッドツェッペリンの「移民の歌」。なるほど訳詞を見るとマイティ・ソーで使ってくださいと言わんばかりの内容なんですね。へー。そしてこれがサイゴノシーンに繋がってくるのかな?この曲がバトルシーンに流れるとドッキドキしますね。
ソーの父・オーディンの死によって幽閉されていたソーの姉・死の神ヘラが出現した。復讐心に燃えるヘラは故郷アスガルドを征服し暴虐の限りを尽くす。ソーは弟のロキ、行方知れずになっていたハルク、かつてアスガルドで戦士だったヴァルキリーとチーム(このチーム名が笑えるのよ)を組んで窮地に立つアスガルドの民を救出に向かう…
今回のソーはブロマンス…じゃないのか。本当の兄弟だもんね。でも萌えるわあheart01やたらソーとロキのからみが多くて楽しいったらありゃしない。「腐」の関係者がの方sign01見なきゃだめよsign01
 
最近のマーベルはあっちこっちで登場人物が出張してくるので、全部見てないと「あら?この人だれ?」ってことになるのでちと面倒くさいのですが、気にしなければ途中から見てもそんなに違和感はありません。アイドルグループのユニットみたいなやつだもん。しかし、ずーーーっと観ている身としては、必ずシリーズが公開されたら観て「あ、この人は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』にカメオ出演してたグランドマスター(ジェフ・ゴールドブラム)ねsign03」ってわかんないとイヤなのです。ちゅうことはですよ。インフィニティ・ウォーにはGOGの人たちも出るってこと。いったいどんな戦いになるというのか、想像を絶します。あら?そうすると今回チラッと出たドクター・ストレンジはどうするんだろう。彼出てきたらもう宇宙最強だと思うんだけど。

続きを読む "マイティ・ソー バトルロイヤル" »

2017年11月 8日 (水)

フレンチSAC復活‼️

A854686501d8403fbbbba873b07029ba

先日フレンチSACから再営業のハガキが届きましたので、さっそくランチを予約して行ってきました。見てわかるとおり、以前のメニュー構成と同じです。ただ、ランチは魚or肉+デザート+飲み物の2600円と、両方の3000円、スープは別で300円になりました。まあ結局一緒ですけどね。

 

続きを読む "フレンチSAC復活‼️" »

2017年11月 1日 (水)

バリー・シール アメリカをはめた男

3ed2d66b779446ddbda07e563485f81b
TOHOシネマズ日本橋で「バリー・シール アメリカをはめた男」を観てきました。今度のトムの整形はそりゃあ出来がよくって、若々しい、と言ってもトップ・ガンの時みたいなボーッとした感じではなくて、時を刻んでさらに美しいトムが鑑賞できます。
1970年代。天才パイロットバリー・シール(トム・クルーズ)は航空会社に勤務しながらちょいとした密輸で小銭を稼いでいたが、その腕をCIAに見込まれアメリカが買い付けたソ連産の銃器をニカラグアに運ぶ仕事をすることに。すると現地で麻薬カルテルのボスに「飛行機にコカインを積んでアメリカに運べ」とすごまれ…
 
これって紀伊国屋方式ってやつかな?行きはミカンを船に積んで帰りは塩鮭を積んで大金を稼ぐってヤツ。紀文伝説は才覚ですがバリーは行き当たりばったりで誘われるまま流されるままに深みにハマる大バカ。なのにトムが演るとどうしてこんなに魅力的なバカになってしまうのか。ああ、トムがステキだからか。そっか。

続きを読む "バリー・シール アメリカをはめた男" »

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31