« ミュシャ展 | トップページ | フレンチSAC重要なお知らせ »

2017年4月25日 (火)

キングコング ー髑髏島の巨神ー

Img_1068

TOHOシネマズ新宿で「キングコングー髑髏島の巨神ー」を観てきました。まあこの手の映画は結末が決まっているのでネタバレとか気にしないでいいのが気楽だ。

ベトナム戦争終息後、未知の生物を調査するため学者、傭兵(トム・ヒドルストン)、カメラマン、パッカード大佐(サミュエルLジャクソン)率いる軍人などで結成されたチームはスカルアイランドと呼ばれる島へ上陸するが…

この映画の見どころはサミュエルLジャクソンが名台詞「マザー・〇ァッカー!」を言うかどうかという点です( `ー´)キリッいや、それだけじゃないです。

エンドクレジットの後にいろいろあるので、絶対帰っちゃダメですよsign03

 

Img_1069_2

すんごい迫力でして、びっくりして「あっcoldsweats02sign01」と声が出たり椅子からピョンと跳ねること数回。とても恥ずかしい映画です(//∇//)

キングコングの映画は数あれど、今回の試みはベトナム戦争っぽい怪獣映画。ベトナム戦争っぽいスターウォーズはちょっと失敗してましたが、こちらは大成功です。特にサミュエルLジャクソン演ずる大佐が素晴らしい。部下を大事に思う心とその後起きる大惨事が心を徐々に蝕み、彼を復讐の鬼に変えていく過程が簡潔だが丁寧に描かれていて、無理なく心に入ってきます。鬼なのに、攻撃をやめてほしいのに、死んでほしくない。さすがサミュエルLジャクソンheart01そしてあの「名台詞」sign01館内「おおっ」と大盛り上がりの一瞬でした。このセリフ言っちゃうとR18になっちゃうそうですね。

そしてコングの天敵ですが、なんかクローバーフィールドみたいだったなあ。それにちょっとエヴァの使徒をブレンドしたやつ?的でした。気味悪ーい。

この作品の監督は超新人なのですが、オタクさを見込まれたらしいです。さすがいろいろなエッセンスがちりばめられていて、昔からキングコングを見て育った世代にも、新世代のオタクにも支持されるいい出来上がりになったと思います。

こんなのテレビで見たってつまんないですよ。映画館でびっくりしながら観てください。

 

« ミュシャ展 | トップページ | フレンチSAC重要なお知らせ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/65224605

この記事へのトラックバック一覧です: キングコング ー髑髏島の巨神ー:

« ミュシャ展 | トップページ | フレンチSAC重要なお知らせ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31