« ポルトガルへ行って来ました 3日目 | トップページ | ポルトガルへ行ってきました 5日目 »

2016年9月 4日 (日)

ポルトガルへ行って来ました 4日目

512de3d9bed546a099049077c880ba0b

今日は巡礼地の終点サンチャゴ・デ・コンポステーラに向かいます。

初めての海外旅行でフランスのシャルトル大聖堂に行ったとき、足元のホタテマークについて添乗員さんが説明してくれました。ホタテは巡礼者のマーク。ホタテを身に着けておくと巡礼者とみなされ、道に刻まれたホタテは次の巡礼地への目印となっていると。そしてそのたびの最終目的地はスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラ・・・

キリスト教3大巡礼地のひとつで(他2つはイスラエルとバチカン)、聖ヤコブがヘロデ王に斬首され、その遺骸を弟子たちが船に乗せてここにたどりつき、埋葬した約800年後に不思議な星の光に導かれた羊飼いが遺骸を発見。教会を建てたのが始まりとされています。

サンチャゴ・デ・コンポステーラは世界遺産ですが、巡礼路も世界遺産です。私がシャルトルで見たホタテはフランスに4つある巡礼路のひとつ「トゥールの道」の道しるべだと思われます。地図を見ると主要路ではないですがパリからオルレアンを通らずトゥールに行くときの巡礼路です。そういえばトゥールにも行ってカテドラルを見たんだったなあ。あの時は「トゥールポアティエの戦いってここなのかあ」と思ったもんですが。

ついでに地図を見ると私達が今回通ってきたリスボン➡ポルト➡サンチャゴ・デ・コンポステーラも巡礼路ですね。

青池保子著「修道士ファルコ」の中で罪を犯した修道士がドイツからスペインのここまでの巡礼を以て罪を減ずるという判決をうけ、そこに向かうというストーリーがあったのもあり、ぜひともこの人々が目指す巡礼地を見てみたくなったのです。

あれから6年。ようやくこの場所にたどり着くことができました。
感無量ですが・・・工事中やてsign03

Cb0e1597a5e64377983eeeebadde279e

ポルトのホテルからバスで約3時間半。シェンゲン条約のおかげで国境で検問などないので、いつの間にかスペインに入国していました。それにしても移動長いなーwobblyまあほとんど寝てたわけですが・・・
ここはいわゆる寺町なのかしらん。

Bd508f29ddb642f7ab1e667eb3cc977f

そしてついにやってきた、サンチャゴ・デ・コンポステーラsign03工事中はまあ仕方ないですがね・・・残念っbearing

6251a0d209ef4808b9fe7ebd95ad772e

聖堂の前の広場にあるこのホタテを触ると巡礼終了だそうです。
添乗員さんによると、50㎞以上歩かなければ正しい巡礼とは認められないんだって。それで、50㎞手前から歩く巡礼の旅がJTBの子会社でやってるそうなんですが、いつか参加してみたいなあ。

01127c6faed646aaa53f08afbe7eac3e

観光の前にお昼御飯です。もうそんな時間なんだ。

76498c81879a421985cf716e08a6d07e

343ee2a910694eeb87b9cc03d503585a

1b5181d0d7b84196afdbf7dc749cce76_2

なんかこのスープ、なぜかじゃがいもとホウレンソウのお味噌汁みたいな味。魚のダシなんだろうか。

2bcf458728a64d4fbf9b944b2ccc66dd

そしてこのパエリアがすごく美味しくてsign03貝の出汁がしみて最高です。
そしてやはり量多すぎ。

529d62b569604d69a92ae1d6f4125d01

フランコ通り。フランス人がたくさん住んでいたから。
オシャレなレストランや居酒屋、雑貨屋などがギッシリ並んでいます。

38be3f4c29bb4f489af4cef92090e076

あ、あれマテガイだよね?スペイン人マテガイ食べるんだ。子供の頃よくマテガイ掘りに行ったなあ。

F96f6d4e14bc4a80b6c5f02fd4dce98c

近くのアラメダ公園にあるおばあさんのリアルな像。
なんでも、50年間いなくなった夫を探し続けた人の像らしいけど、こんな霊験あらたかっぽい所で見つからないんだったらさっさとあきらめればよかったのに・・・

0858cc3e906742d99eac61a0a6c30b28

公園から見た大聖堂。なんだかマンションの建設中か修理中のアンコールワットかって感じ。

Bb7f23538da84358923c7072958553ef

ここガリシア地方はスペインですが雨が多いので、このようにアーケードがあります。

C141697dd50b42e6aae6cff23de53ae3

この辺で一番古いカフェ。何十年か前までは身分の高い人しか入れませんでした。

Img_0241

プラータ(銀)広場の女神像。ちょっとわかりにくいんですが、星を掲げています。この星に導かれて羊飼いは聖ヤコブを発見できました。

F309c36f306c4c37903eb1e1a167e0a0

キンターナ広場へ。これから何かに並ぶんだって。

5285342753e34520a7afd819918580ca

大聖堂の裏側にあるなんちゅうことない入口だけど・・・?と思ってたら、ここは「聖なる門」という聖ヤコブの日が日曜になる年だけ開く門で、2010年の次は2021年だったらしいのですが、ローマ法王フランチェスコ1世の思し召しで特別に今年は特別聖年となり開いています。パパ様ありがとう。

7c22f4fed7a449958b738691887af3c1

聖なる門から入ってひとりしか通れない小さな入口からこれまた小さな大理石の階段を上るととんでもなく豪華だけど小さい金の門があり、それをくぐると聖ヤコブの像の真後ろに立つことができます。聖ヤコブの像に触れたりハグするとこれまでの罪が許される(免罪)ということですので、よーくお願いしてきました。内部はキラキラと本当に美しくて、残像が残るほど光り輝いていました。撮影禁止なので画像がないのが残念だなあ。でも特別に免罪されたのだから、文句を言ってはいけませんね。

画像は、一方通行を通り抜け、今度は銀製の聖ヤコブの棺(聖遺物箱)の前を通り出てくる出口です。

14308316db0f44ab971d546d0e25759c

正面に回ってみたところ。手が聖ヤコブ像の肩にあるのは心霊写真ではなくて、後ろからハグしている人の手です。なんかこわい。

32b2afd21cea4b0a8af53322e3c5e061

きらきらしい主祭壇。金泥ではなく金箔です。

現代の私たちの想像を絶するほど、巡礼の旅は厳しいものだったでしょう。もしかしたら怪我や病気で神に救いを求め巡礼に出たのかもしれない。長い距離を歩く間には、盗賊が出たり、人に騙されて一文無しになったり、女性であれば身の危険だってあります。道は舗装されておらず、石畳であっても足にやさしくはありません。ただひたすらつらい身体に鞭打って歩き続け、途中で息絶えた人も少なくはないでしょう。イエスの受難を想起しつつやっとの思いで着いたこの場所が光り輝いているのを目にした時、生きながらにして天国に迎え入れられた気分になったのではないでしょうか。

たっぷりと装飾を堪能し、免罪もしていただいたし、さーそろそろ時間だわとカテドラルを出ようとしたら、ダンナが「ケータイが無いcoldsweats02」なーにーsign02やっちまったなsign03iPhoneだからもう出てこないよ・・・と絶望的な気分で待っていると、「座ってた椅子の上にあったcoldsweats01」と戻ってきました。神様ありがとうshine

 

Cfbf3fcacc704adf9970528d101a1744

最後にもう一度目に焼き付けておきます。

93fe735d30b746309e0126b0a89a9251

また3時間半かけてポルトに帰ってきました。今日の晩ごはんはホテルのダイニングで。

Bdb589fd9c2b4c678c7c71f54d68405b

F2d9c08651484f8b8bb10512b871807d

113ae9348e174368be317e4f4cb24347

あー、美味しかったheart01歩き回って興奮したし、暑くて汗たっぷりかいたので、意外にお腹が空いていました。

D79ccc9bb8874950ba81b2ee3082d551

昨日と同じお部屋に連泊ですが、帰ってきたらまくら銭を置いた場所にこんなメモがheart01よーく読むと「ありがとごぜいます」smile 和むわあ。 5日目に続く‼️

« ポルトガルへ行って来ました 3日目 | トップページ | ポルトガルへ行ってきました 5日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/64353954

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルへ行って来ました 4日目:

« ポルトガルへ行って来ました 3日目 | トップページ | ポルトガルへ行ってきました 5日目 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30