« ポルトガルへ行ってきました 2日目 | トップページ | ポルトガルへ行って来ました 4日目 »

2016年9月 3日 (土)

ポルトガルへ行って来ました 3日目

Dd23995bb4054c89899c3ebc4af6b5da

今日はコインブラ大学を見学して、ポートワインで有名なポルトへ向かいます。
直前に「世界不思議発見」で見たから楽しみだーheart

E63a9c64edd44db49596fbaa176a77bc

コインブラ大学の旧校舎の入り口にある門。「この大学に入る者は鉄の意志を持ってせよ」という事で、鉄の扉がついています。

D9ba00819eaf4ef9ba511bfeff007c44

創設者のジョアン4世像。本当の設立はさらに300年ほど前らしいんですが、リスボンに移転したりコインブラに戻ったりまたリスボンに行ってまた戻って、ジョアン4世がここに移してからは腰を落ち着けたらしいです。

ちなみにこの頃イエズス会が設立されて「じゃあ植民地に布教しない❓誰か推薦してよ」とジョアン4世が言ったところ推薦されて来たのがフランシスコ・ザビエル。

61a9a06f0e6c45ff84e627a3f1124c5d

有名なコインブラ大学図書館。内部がものすごくステキなんですが、撮影NGなのが残念。金泥で余すところなく塗装された豪華な彫刻は重厚、蔵書の数々装飾も美しく、出るのが惜しいほどでした。

7c4d5f5ce4fd46b2a99b2a900e91f7f3

お隣には教会があります。画像が白っぽくなっちゃったけど…なんかちょっと乙女チックなカンジ。

2274e372392d4861be70009143916ffe

ものすごくデコラティブなパイプオルガン。

23bb1b2b14f44ee79664e2cdb904a5b2

アズレージョも美しい。こういうの見ると、当時のポルトガルの勢いがわかります。

616b7612f7f74bb5897b270606f188f0

コインブラ大学グッズ。

22613e46144845cf990d1a56acc7f22b

レストランやホテルではなく法学部。

Cd4adb8a48254ceba81321e21fdf461e

578a29a4ef2a436290c718d03c3dc037

15e3f8a806e24f109923b458ba33cd71

マントをまとった学生がアルバイトで一緒に写真を撮ってくれます。1回2ユーロ。ここの大学の伝統で、好きな男子学生のマントの裾を女子学生が噛み裂くcoldsweats02というのがあって、モテる男の子のマントの裾はボロボロだとか。どんな伝統や。

F26f50425cd84f92bf29939b74be2124

Bf447dfa40c84e5fa9674e5519470bba

歴史地区にはかわいい飾りが。

2dae0867ff754cddb3cd12a7b4eacdff

ステキな彫像だなーと思って後ろにまわってみたら

8a16dffa5f7a420190093cc905113b65

あら❤️作者はきっとお尻フェチね。

51cfebefa14f4596b13d22ab90547ca2

94d51da9cc164aa8b6c189372fff78c0

238fa31ef88d4f3eb25f3f06a3227d11

朝早いんでお店も開いてないし。でもステキな街。ちょっと北欧に似てるかも。

Cd32971e1424460d8a1687100cdfe9c7

アヴェイロに着きました。旧駅舎は
アズレージョで有名です。旅チャンネルで見たなあ。

Ba05c3c651d943c697e8dc4c008cfa2e

ホーム側はこんな感じ。汽車を降りてこんなキレイな駅だったら気分がさぞ盛り上がった事でしょう。「いやー、ポルトガル来たわーup」みたいな。

6eddcf6e64e34f8299d99c1e02aab234

ちなみにこちらが新駅舎。味気なーい。

C386ed80f09a4e8db9ceefdd673fc5ac

バスの運転手さんがレストランに遠回りして街を見せてくれました。メインストリートは舗装工事中。

046f527dbc734693b8df9a1934d8b13a

アヴェイロはヴェネツィアのように潟に発展した港町。なので「ポルトガルのヴェネツィア」と言われているとか。なるほどそれっぽいかも。

010d3979227e408e9593c6bd68e5ae80

…って何これーsweat01

385892c1c7ce473199935a1fa6a01e82

お昼ごはんのレストランの前に市場がありました。

04eaf5f28d374e188e33c881d9e90ee6

Bebef75700f24ac09622564f319ec6d2

見てるだけで楽しい。

9f979b19a812480e995285862bad6725

お昼ごはんはここで。

0fe64d8ecfd94dafbbf53e025411036d

おつまみが用意されてます。わーいオリーブだあlovely

Ddbca8b3d09e4aec93497d2afa6fd4b1

コリコリして美味しいgood

Ab3d5313cce64a0b8b4593596866e7c7

パンも美味しいし、このミニコロッケみたいなのがまたいいね

9267f816705d45968b1f27705b43c09c

鴨の炊き込みごはん。ポルトガルで食べた食事は全て美味しかったけどこれ秀逸‼️できたらお持ち帰りしたいくらい。スペインのごはんよりさっぱりしてて、ダシがきいてて食べやすい。でもやっぱり量多すぎ‼️「もったいないからもっと少なめにしたらいいんじゃない❓」と添乗員さんに言ったら「何回も言ったんですけど、『足りないより多い方がいいんだ』って聞かないんですよねー」だって。

21c0a533c7034dca964c01617f84c643

おなかいっぱいでポルト到着。車酔いしなくてよかったsweat01

78372c2cca8e45399a2f62c2bd04a999

高台に建つポルト最古の教会、ポルト大聖堂。ポルトガルの教会ってスペインと違って金箔じゃなくて金泥(ニカワと砂金と漆を混ぜたもの)なので重厚で落ち着いた雰囲気。

A199a284523048faa6ae330663f2ea33

ここにもやっぱりアズレージョ。

Cdbd942730614997b205a5734b1d86db

妙に落ち着きます。

E90ca4abc2bc4821b9569cb0de10c17e

これって何処にでもあるのね〜。

Ae978848d0394091987549d535c2dcc1

放し飼いの犬多い。

09e00c3a6bf34ec5890e1329727a8ba9

ドン・ルイス1世橋から見たポルト。

125235b914394a548adc65a4284050a6

この橋の上部分は電車と歩行者専用なのです。

D008d6a65c13414d94e1ddcfccc4f2b4

サン=ベント駅に向かいます。坂が多いなあ。

D716ac67fc724c4fb716c28eadac22af

Dbea2c88670042f389c76a7203dffa87

サン=ベント駅。1900年創建、アズレージョで装飾されたのは1930年頃ですが、ステキですね〜。

39d3ab57fb514418a8279176e13ef294

たぶんジョアン1世ポルト入場図…だと思う。
ジョアン1世は私の大好きな「アルカサル-王城-」の主人公カスティーリャのドン・ペドロ1世の従兄弟にあたります。ジョアン1世のお父さんはややこしいことにポルトガル王ペドロ1世で、カスティーリャ王のお母さんマリアの弟。

そういえばコインブラはポルトガル王ペドロ1世の愛妾イネスが殺害、埋葬された場所。当時王太子だったペドロ1世は父王に対し反乱を起こしますが王妃のとりなしにより和解。しかし王になってすぐまずイネスの墓を掘り起こし正式な王妃であることを宣言して王家の墓に埋葬します。続いてカスティーリャに逃げた下手人どもの引き渡しをカスティーリャ王に依頼します。甥であるカスティーリャ王はすぐさまそれに応じ、下手人どもを送還。ポルトガル王は下手人どもを八つ裂きにしたそうです。

Fca5b091c3fa43b1936b6b5341bc1c33

「エンリケ」「セウタ」という字が読めるので、たぶんエンリケ航海王子でしょう。彼はジョアン1世と「カスティーリャ王の次女コンスタンスの夫ジョン・オブ・ゴーントの先妻との娘フィリパ」の息子。ちゅうことは、ドン・ペドロ1世の義理のひ孫かな。この人がいたから航海王国ポルトガルがあったと言っても過言ではない。

4b5caf077ff24b74b5abb9910bb185c8

どはでで陽気な現地ガイドさん。

Ace18bbfe96f480cbcbce5850c6e215f

ここも旅チャンネルで見ました。

364715572eeb428caec56ec569ed316a

エンリケ航海王子の銅像の後ろはボルサ宮。現在はなんとポルトの商工会議所です。ここの「紋章の間」にポルトとご縁の深かった19の国の紋章が描かれているのですが、その中に葵の御紋があるそうですよ。

2e8e3d913935485a92c7f83f0c04fa6d

サン・フランシスコ教会。「ブラザーサン・シスタームーン」のフランチェスコ会の教会です。入り口のネジネジは中尾彬には当然関係なく、ポルトが港町であることからロープをイメージして作ってあるらしいです。教会建設は地元の方の寄付が不可欠ですからね〜。

内部は残念ながら撮影NGですが、やはり金泥で装飾された荘厳かつ美しい教会でした…が、私にはふたつ謎が残りました。
①なぜイタリアのフランチェスコ会がポルトガルにやってきてこの地に根付けたのか❓
当時ポルトガルでは異端審問とかあったし、ゴリッゴリのカトリック全盛期に…

②フランチェスコ会のモットーは「清貧」であるのに、どうして内部がこんなにデコラティブなのか❓
たぶんスポンサーの露出趣味と建てる人が自分の趣味で作っちゃった的な流れなのだろうが…

誰か教えてー。

Ca17f9c30b364106b3e020a2370b96e0_2

少し歩くと港です。キラキラしてるshine

0a8cc98f02e545c8aed4450f96e14862

モザイクアートみたい

D733e1eaf1814a2c853ea905e5890f09

先ほど上から眺めたドン・ルイス1世橋。

Bf62eff67b894491a328de87455b90bb

うーん、リゾート気分heart04

Ea04e5267ec14a2280c6a76cf2b384e0

橋の下まで歩いてみました。
天気が良くてカラッとしていて、汗はかくけれどすごく爽やか。みんな楽しそうでウキウキしていて、「すみません、写真撮ってください」と頼まれた人たちの弾ける笑顔。ポアロでよく保養地に出かける話が出てきますが、ああいうジメッと曇ってる日の多いところから来ると天国のように思えるかも。

C133fd8a156d4e218a2e1bd4b4796546_2

まだ明るいですが晩ごはんの時間です。

1e0e0411d6254f9a86afa9aa28419608

C006ec6f03a0461793de5a223ff266a9

79e77261a7d1435497a29ec4633eb266

エビのリゾット、ダシがきいててアツアツで、疲れてる時にぴったりのホッとする味だなあ〜。
ウエイターさんもホントに感じのいい人で、日本語で「オイシイ❓オイシカッタ❓」とニコニコ聞いていました。

4b1c365e536942ea9821b981e9785f17

外に出ると路面電車が。昔私の田舎にもこんな路面電車が走っていて、よく乗ったものです。モノレールになっちゃったけど、電停はこまめにあるし、高い場所までエスカレーターで登らなくていいし、乗り降りは路面電車の方が楽でした。

304383d67cad4370aa9ff906cf75f78b

今日のホテルはクラウンプラザ・ポルト。

35613a60071b45edb29f3f58964f5074

なかなかいいホテルです。

62167bcc196c46b6a1c1d8f63e501cbf

明日はスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラへ行きます。
4日目に続く❗️

« ポルトガルへ行ってきました 2日目 | トップページ | ポルトガルへ行って来ました 4日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/64340164

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルへ行って来ました 3日目:

« ポルトガルへ行ってきました 2日目 | トップページ | ポルトガルへ行って来ました 4日目 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30