« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月28日 (日)

君の名は。

Image

TOHOシネマズ府中で「君の名は。」を観てきました。

田舎町に住む三葉は小さな町の風習や決まりごとに辟易しており「来世は都会の男子に生まれたい」と思っている。最近友人も家族も自分が変だという。そういえば何かがおかしい…そんな時にノートに書いてある「お前は誰だ?」

ネタバレができませんので私の個人的な反応を見ていただくとすれば

ダンナに誘われたんでまあ観てもいいかな、他の作品も面白かったし…それにしてもこれって「転校生」とかよくある男女逆転もののユルい恋愛ものなのかなー❓と思っていたら…あれ❓あれ❓どうなってんの…❓はァっ⁉️えっ…こんな展開っ⁉️えーーーっ⁉️えーーーーーーーっ⁉️ガーーーーーン…

とこんな感じでしょうか。(観た人にはわかる。)

ツイッターで「観た後彼女をグーッと抱きしめたくなる」とか「結婚を申し込みそうになる」といったコメが見られるのですがなるほどおっしゃるとおりかも。人が人を欲するということはこんなにも深い所から湧き出る美しいものだというのを再認識させてくれる作品なのかもしれません。観るのが例えば私のような汚れた大人でもね。汚れちまった悲しみに〜てかい。

昨今「女の子と付き合うとコスパが悪い」とか「結婚するなら年収○百万はないと話にならない」とか言ってる輩がゴロゴロいますが、これ見て心の肥やしにしてみたらどうでしょうかね。「魅かれあう」ことの美しさ、それは宇宙の真理です。作中の流れ星のように美しい…

美しいといえば映像も本当に美しくて、田舎の風景は言わずもがな、新宿ってこんなにキレイだったっけ?と感動させられてしまいます。景色に感動してデジカメで撮ったら「あれ❓こんなんだったっけ❓」とシラける時がありますが、あれは脳が景色をより一層「感動」というエッセンスを混ぜて演出しているのだそうですね。この映画でもただ景色をデジタル処理するだけでなく、人の感情を通して見える景色を意識して作り込んでいるように思います。都会であっても、自分の住んで愛している土地は田舎の風景にに負けず愛しく美しく見えるものです。

意外にも素朴に愛を語ったこの作品がこんなにも大ヒットしているのは、皆がただシンプルに人を乞うことを欲している現れなのかもしれませんね。


2016年8月19日 (金)

X-MEN アポカリプス

Image_2

TOHOシネマズ府中で「X-MEN アポカリプス」を観てきました。

紀元前3600年。人類史上最初のミュータント、アポカリプスは「エン・サバ・ヌール」としてエジプトの神として君臨していたが、ある出来事によって長い眠りについた。そして1983年。蘇ったアポカリプスは堕落した人間に怒り全てを浄化し新世界を作ることにした…

って書いただけではなんかつまんなそう…アポカリプスはあくまで動機、この映画の主たる目的は、X-MENのスターメンバーがいかにして集結し戦うことになったのかを明らかにすることです。でもこの映画ではもっと重要な謎が解き明かされます。

「何故チャールズはツルッパゲになったのか⁉️」

ものすごい勢いでスッキリしました❗️

続きを読む "X-MEN アポカリプス" »

2016年8月18日 (木)

八月納涼歌舞伎

Image_7

このクソ暑かったりゲリラ豪雨が襲ってくる中、着物を着て納涼歌舞伎を観てきました。遊んでばっかりや…っていやいや、たまたまこの時期に色々重なっただけでねcoldsweats01

今日のお着物は、無地の麻の着物(モコママが縫ってくれた)と栗山吉三郎さんの麻に京紅型の帯。お気に入りの名古屋帯なんだけど名古屋仕立てなんで帯幅がちょっと狭いんだよね…開き仕立てにして貰えばよかったなあ。

今までどんなに頑張っても1階席は取れなかった私ですが、今回はちょっと強力なおコネの力を借りることが出来、なんと1階席前から5列目中央付近coldsweats02うっそみたい。納涼歌舞伎の最前列は水がかかる可能性が高いので、この辺がベストなのですよ。ご一緒した犬トモであり歌舞伎仲間のモコママも「さんざん歌舞伎見に来てるけど、こんな席は初めてsign03」と興奮していました。関係者の方、誠にありがとうございましたlovely

今日の演目は東海道中膝栗毛、弥次喜多道中です。それが普通のじゃなくて、なんと昨年観た「ワンピース歌舞伎」との連動企画。主役の弥次喜多は市川染五郎と市川猿之助、夏休みらしく演者の子供さん達もたくさん出演しておっそろしく楽しい華やかでしっちゃかめっちゃかな舞台でした。歌舞伎座も冒険するなあ。

弥次喜多が身分を武士と偽り(その名も枡田添衛門氶と野村泣左衛門sweat01)、旅籠五十月屋(ホテル三日月のパロ)に泊まって可愛い踊り子(AKBのパロ)と握手して-しかもイヤフォンガイドで「センターを務めますのは」って言ってた-讀賣屋文春(よみうりやふみはる)という名の瓦版屋に付け回されたり、クジラにしがみついて着いたところがラスベガス。ワンピース歌舞伎で大人気だったオカマキャラが出人飛河童劇場(デイビッド・カッパーフィールドシアター)でショーを繰り広げ、司会者&プロデューサーは中村獅童演ずる出人飛(デイビッド)。これがまたすごいコミカルな演技で、みんな笑うやら呆気にとられるやらで。ラスベガスのくだりは昨年の染五郎さんのラスベガス公演のパロですが、面白かったーsign03他にも細かい演出が凝っていて(長唄の方がアフロのカツラとサングラスですまして座ってたのには度肝を抜かれました)、何度でも見たい勢いです。

弥次喜多ものは江戸時代からある演目でその時代の世相や風刺を取り入れた演出が大人気の舞台だったそうですから、ただ奇抜な舞台をやりましたってだけではない事を含みおく必要がありますね。頭ごなしに「伝統ある歌舞伎座で何の騒ぎだ❗️」とおっしゃる御仁もいなくはないでしょうが、教養ある方は懐が深いものですよ。

さんざん笑った後は舞踊、「艶紅曙接拙(いろもみじつぎきのふつつか)」。オシャレで明るく楽しいスター総出演の踊りです。扇雀さんの踊りの前に袖なし羽織を脱ぐのですが、その脱ぎ方が色っぽくてheart04マジでドキーッとしました。こういう仕草もリアルの世界では絶滅しています。歌舞伎の世界でしか見られない虚構であるけれど過去にリアルであったことに触れられる愉しみはやめられない。納涼歌舞伎を観に行くのは暑くてしんどいのですが、これからもがんばって観に行きたいと思います。

2016年8月14日 (日)

桃神祭2016-鬼ヶ島-に参戦❗️

Image

ももクロ恒例夏のお祭り「桃神祭2016-鬼ヶ島-」に参戦してきました。毎年は2週間ほど早くやるので恐ろしいほど暑く、特に昨年のエコパスタジアムでは終幕まで日が暮れず水を飲んでは汗飲んでは汗で着替えた時戦闘服のTシャツがずっしり重いのにもかかわらず汗臭くないという凄まじさでしたが、立秋を過ぎて急に空気が変わったような…特に1日目はどんより曇っていたので返って物足りなく感じるほど。恒例の客席への放水も薄暗いとヘンですねえcoldsweats01


続きを読む "桃神祭2016-鬼ヶ島-に参戦❗️" »

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30