« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

シン・ゴジラ

Image_2

TOHOシネマズ府中で「シン・ゴジラ」を観てきました。いやー、面白かった‼️
でもこの映画は少なくても中学生以上でないと退屈だと思いますので、お子様連れの方はやめておいた方がいいですよ。

プログラムに「ネタバレ禁止」のテープが貼ってあったので多くは書けませんが、この「シン・ゴジラ」は「日本沈没」の本来のテーマである「国の命運を左右する不測の事態に遭遇した時日本人はどうするのか」をシュミレートしたドキュメンタリータッチの映画でした。延々と続く閣僚会議、対応の遅れ、各省庁の足並みの揃わなさ、書類の題名の長さなど、この部分は半分コメディとして見ることができるのでもっと笑いたかったです。

そういえば以前石破茂元防衛大臣が「宇宙人が攻めてきたら自衛隊は出動するのか」という記者の問いにそれは嬉しそうに答弁してたのを思い出しました。機会があったらこの映画観たか聴いてみたいものです。(→続きへ❗️)

そしてやっぱり自衛隊のカラミは最高です。庵野秀明監督は命令の文言まで自衛隊の方に聴いて決めたということで(地域差あるんだって)、作戦のリアリティは驚くほどです。それにしても木更津でチヌークに乗っておいてよかった‼️木更津基地バンバン出てきます。

JR関係も負けていません。終盤の戦闘シーンで思わず「わあ、こんなのリアルじゃ見られないよ⁉️」と声が出そうになる画像がありましてねlovely

ハリウッド系のこの手の映画では怪獣出た❗️となると即刻戦闘機が飛んできてバンバン打ちまくるし、核爆弾の発射もすぐ準備しちゃうんですが、いつも「住民の避難はどうなってんだろう、NYの人って逃げ足早いんかなー」「一般市民が戦闘に巻き込まれて亡くなっても自己責任なのかなー」と常々思ってまして。ついでに言うと主人公の彼女は看護婦率高いのね。忙しく救護していると同僚が「電話よ!」って呼んで「もしもし!あなたどこにいるの⁉️」「最後に君の声が聞きたくてね。愛してるよ」「なに⁉️もしもしっ、もしも…切れたわ」的な。今回そういうの出てこないのがリアル。

肝心のゴジラですが、ちょっと戦闘シーン少なくね⁉️ものすごい見どころがあったんであれでガマンしなきゃいけないのかなあ。モヤるー。その代わりと言ってはなんですが、斎藤工クンの自衛隊姿、ほんのちょっとしか映んないけどすっごく萌えたーlovelyheart01

今回のゴジラは着ぐるみではなくてCGなのですが、モーションキャプチャを着けた野村萬斎さんなんですよ。これからご覧になる方はそこも注目してみて下さいねheart04


続きを読む "シン・ゴジラ" »

2016年7月 2日 (土)

寄り添う子ら

Image

掃除機をかけたら

「らんお姉ちゃん、オレ怖い…」
「大丈夫よ」

的な展開に

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30