« 追悼池田重子コレクション 日本のおしゃれ展 | トップページ | カフェデュクレプスキュールのランチコース »

2016年1月23日 (土)

反田恭平デビューリサイタル

Image

こういう言い方があるとすれば、「耳が一目惚れした」反田恭平さんのデビューピアノリサイタルに行って来ました。

彼の演奏には中毒性があるらしく、デビューCDをいくら聴いても飽きないほど聴いているのですが、やっぱりライブはいい‼️しかもピアノがあのホロヴィッツが弾いていたビンテージスタインウェイなのでまあ鳴る鳴る。高音は小鳥のさえずり、低音は雷鳴のようです。しかしこの難しいピアノを弱冠20歳の細っこい男の子(失礼💦)が弾きこなしているという奇跡ね。

そしてこの人がものすごいダイナミックな演奏を繰り広げるわけで。出だしからシャコンヌでつかみはOK、唖然としている中可愛らしくモーツァルト弾いちゃって、あらー、可憐な音もいいわねとか思ってたら拍手する間もなく裏拳ぶちかますようにバラキレフ「イスラメイ」バーンsign03半分しか終わってないのに大熱狂ですよ。休憩中はサイン入りCDがバンバン売れてるし、後半はリストリストリストリスト。超絶技巧練習曲「狩り」から始まって華やかに「スペイン狂詩曲」、夢のようにロマンチックなコンソレーションでうっとりさせといて「メフィストワルツ」で口あんぐり。もうね、「知らない曲ばっかだから寝ちゃうかも〜」とか言ってた友人(ヴァイオリン経験者)なんか最後涙ぐみながら「寝てるヒマなんかなかったあ〜」とつぶやく始末。いやー、すごいもん聴いちゃった。

だいたいデビューがサントリーホールの大ホールでしかも2000席が完売ってとこからが異常事態ですが、もう次のコンサートが8月末に決まってるってのもすごい。しかも3DAYSって…まずはファンクラブに入会してチケット取らなきゃだ。もちろん、今日一緒に行った友人の分もね。そういやこの友人が「反田君の円熟期までがんばって元気でいようねpunch」だって。そういや私らそういうトシだったわね〜…ウォーキング真面目にすっかな。


« 追悼池田重子コレクション 日本のおしゃれ展 | トップページ | カフェデュクレプスキュールのランチコース »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/63109899

この記事へのトラックバック一覧です: 反田恭平デビューリサイタル:

« 追悼池田重子コレクション 日本のおしゃれ展 | トップページ | カフェデュクレプスキュールのランチコース »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31