« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月23日 (水)

ももいろクリスマス2015〜beautiful survivor〜

Image_8

ももクロちゃんの恒例クリスマスライブ「ももいろクリスマス2015〜beautiful survivor〜」に参戦してきました。

今回は冬なのに屋外&オールスタンディングcoldsweats02その上会場、軽井沢からシャトルバスで小一時間の群馬県吾妻郡にあるスキー場の軽井沢スノーパーク❗️軽井沢じゃねーし❗️でも何処まででも行くさpunch


続きを読む "ももいろクリスマス2015〜beautiful survivor〜" »

2015年12月22日 (火)

ヴィロン

Image_2


Image_3

TちゃんとBunkamuraミュージアムに行く前にランチしようということで、ヴィロンに行ってみました。近いし。

料理を食べて「おっ」と思ったのは、以前行ったフランスの料理っぽい❗️ということ。そりゃあフランスのお店の直営なんだから当たり前だろと言われればそうなんですが、ハンパに日本風の味付けにしていないの。フランスで味わったこってり感が蘇ってきました。パンの味も同じタイプだし、お皿がなくてテーブルに直に置くスタイルもね。

先月のパリでのテロの影響で皆パリに行かなくなってしまったらしい。ダンナの会社でも出張禁止だそうです。
フランスは私が初めて行った外国で、楽しくて楽しくて舞い上がっていたっけ。聞いてたよりフランス人は親切だった。パリの人はホントにオシャレでため息が出たな…と色々なことを考えさせる本場の味でした。パリ、また行きたい。絶対行く。

英国の夢 ラファエル前派展

Image

久しぶりに連絡してきたTちゃんが「一緒に行こ〜note」とBunkamuraミュージアムで開催中の「英国の夢 ラファエル前派展」のチケットをおごってくれましたlovely

ラファエル前派とはハント・ミレイ・ロセッティの3人と、後に批評家ら画家ら4人が加わり、痴話喧嘩や芸術性の違いで3人が空中分解した後もロセッティの元に集まってきた芸術家達を言うそうです。ラファエル前派って聞くと「ラファエルが生まれる前に流行ってた一派」的なイメージですが、ラファエルより以前のルネッサ〜ンスの頃を理想とした派閥というか、ちょっと秘密基地作っちゃったよ的な感じでしょうか。

ロマンチックな美しい絵が多くて少女趣味の私はとっても楽しめましたが、神話からテーマをとったけれどあえてそこに神話的意味を持たせずに置いたりするところはラファエルを冠していても現代絵画への息吹を感じさせるところなのでしょうか。

メンバーのジョーンズ曰く、
「絵画は美しくロマンティックな夢であり、これまで存在したこともなく、また将来も存在することのない何かであり、かつて見たどのような光よりも優れた光の中にあり、誰も限定したり記憶したりすることができない、望むことだけができる世界の中にある」

賛成〜heart01
人間いつもいい夢ばっかり見るわけではないにしても、美しい絵を見て美しい夢を見るのは人間に生まれた醍醐味というもの。久しぶりにウキウキした気分で帰途に着きました。

2015年12月 7日 (月)

007スペクター ☆☆☆☆☆

Image

イオンシネマ武蔵村山で「007 スペクター」を観てきました。ゴールドシートで観たいよね、やっぱり。

「私にもしものことがあったらこの人物を調べて…お葬式にも行って…」と前Mが亡くなった後送られてきた映像。潜入したジェームス・ボンド(ダニエル・クレイヴ)が目撃したのはあまりにも意外な人物だった…

ダニエルがボンドを演るようになってから、姉ちゃんウッフンと秘密兵器が封印されていましたが、今回原点回帰というのでしょうか、ダニエルボンドのハードボイルドはそのままに、女性を籠絡して情報を得たり車に火炎放射器が付いてたりしてちょっと楽しいです。007❗️ってカンジ。でも前作の雰囲気を壊さない程度なので、んもーセクシーきわまりないdash今作でダニエルボンドはおしまいだという噂ですが…辞めないで〜crying


続きを読む "007スペクター ☆☆☆☆☆" »

2015年12月 6日 (日)

フレンチSACでディナー

Image

観劇の後は場所を吉祥寺に移して打ち上げです。場所を任されたので、お得意のフレンチSACに予約を入れておきました。マネージャーと相談した結果、4,900円のコースは量も多く女性向きではないので4,200円のライトコースの方が良いでしょうということに。

時間どおりには着きましたが仕事で遅れてくる人もいるのでとりあえず乾杯することにしましたが、私はアルコールはあまり飲まないので何か美味しい飲み物ないかなーと思っていたら、赤ブドウジュースにレモンやリンゴなどのフルーツやアニス(西洋ウイキョウ、八角ですかね)などの数種のスパイスを漬け込んだものを炭酸水で割ったノンアルコールカクテルを勧められたので飲んでみたら美味しいlovelyさすがSAC。

全員揃ったところで再び乾杯して、出てきたのがアミューズのカリフラワーのムース。美しい。これから出てくるお食事がいかに美味しく美しいかを感じさせますね。

続きを読む "フレンチSACでディナー" »

2015年12月 5日 (土)

東海道四谷怪談

Image_7

この夏の日本橋での浴衣の着付けや外語大での留学生の浴衣体験着付けでお世話になったTさんのグループで忘年会をやるということで、私も呼んでいただきました。まず国立劇場で歌舞伎を観て、その後吉祥寺でディナーです。長丁場の忘年会だ。ドレスコードは当然着物。お気に入りの明るい黒のチェックにマーガレットを薄い白で散らしたお召に、お花の手刺繍の洒落袋帯で。

さて今日の演目鶴屋南北の通し狂言「東海道四谷怪談」です。歌舞伎なのになぜ「狂言」かというと、歌舞伎には踊りと芝居があって、芝居の演目のことを狂言と呼びますので「歌舞伎狂言」。全幕やるので「通し」。

ついでに冬なのになんで四谷怪談かというと、鶴屋南北の四谷怪談は初演時は「仮名手本忠臣蔵」と併演だったので、内容も忠臣蔵と絡めてあるのです。だから四谷怪談と言えばつい「戸板返し」や「仏壇返し」を想像してしまいますが、実は結構じっくり人間ドラマを見せるお芝居なのです。

と言ってもやはり派手な演出部分に目がいってしまうのは仕方ないですよね〜。「提灯抜け」は燃えた提灯の中からグイッとお岩(染五郎さん)の幽霊が出現。仏壇返しの恐ろしさは特撮やCGに慣れた目にも大迫力でしたし、お岩の幽霊が女の首に紐を引っ掛けて吊り下げたまま逆さまになりながら宙乗りで上に消えていくシーンは皆びっくり❗️でした。江戸時代の人はさぞかし恐ろしかったことでしょうねえ。

12時に始まって終演は16時半という長丁場ですが、休み時間にお弁当食べたり(「ハイクラスサンドイッチ」ってのを買ってみましたがさすがにハイクラスっちゅうだけあって美味しかった)、売店を冷やかしたりしてたら結構あっという間ですね。

やっぱライブは楽しい❗️来年も歌舞伎観に行こう。

2015年12月 2日 (水)

ミケランジェロ・プロジェクト ☆☆☆☆

Image

TOHOシネマズシャンテで「ミケランジェロ・プロジェクト」を観てきました。年齢層高くてちょっとビックリした…

第二次世界大戦終盤。ナチスは総統美術館と称した世界最大の美術館を設立するために侵攻したヨーロッパの国々から美術品を略奪したが、「もしドイツが敗戦した際にはそれら美術品を敵国に渡すことなく全て破壊する」という「ネロ命令」も発令していた(ドイツ中焦土と化す計画❗️)。戦争経験のない美術関係者で組織された「モニュメンツ・メン」は前に立ちはだかるナチスの残党や美術品を狙うソ連軍を交わして膨大な数の美術品を取り戻すことが出来るのか❓なんか弱そうだけど大丈夫か⁉️

この映画はいわゆるハリウッド娯楽映画ではないので、見に来た人みーんなが盛り上がれる映画ではないのです。美術品の鑑賞に興味があってはじめてこの映画に共鳴出来るのであって、それらに全く興味がない人たちにとってはさぞや連合国ヒーロー単純映画に見えるであろうと思われますが、これはカーレースに全く興味のない人が「栄光のル・マン」とかみてもつまんないのと一緒です。知ってるものは面白い。



続きを読む "ミケランジェロ・プロジェクト ☆☆☆☆" »

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30