« 博士と彼女のセオリー ☆☆☆☆ | トップページ | ももクロどんたくライブ2015 2日目 »

2015年4月 4日 (土)

ももクロどんたくライブ2015 1日目

Image_2

福岡ヤフードームで行われた「ももクロどんたくライブ2015」に参戦してきましたheart01
土曜日に羽田発福岡行きに乗ったところ、すでにカラフルな感じcoldsweats01すばらしい。うちのダンナは外を歩く時はフツーの服でというポリシーを持っているので、当然私も通常の服を着なければなりません。

福岡開催が告知されてすぐにヤフードームの隣のヒルトンを予約したので楽チンなのですが、やはりホテル内は通常の服なので、ライブに行くのにピンクの国立Tシャツの上にコートを着込み、襟が見えるのでストールを巻きいざ出陣sign03


Image_8

ドームに入場して席を見るとなんとアリーナcoldsweats02期待して席へ向かうと結構後ろの方でセンターステージが見えないのでちょっとガッカリdownしましたが、始まってしまえばももクロちゃんたちはアリーナを囲むように設営されたステージを移動しながら歌うので、すっごい近くで見られたのでした。こなれたウリャノフさんも近くにいて楽しいったらありゃしねえsign03

1日目のセトリは、

01. Neo STARGATE
02. 夢の浮世に咲いてみな
03. ピンキージョーンズ
これのコールができると初心者卒業かな?
04. Chai Maxx ZERO
大好きなんだけど、
まだこの曲の入ったDVDが出てないので
フリコピ出来なーい
05. 宙飛ぶ!お座敷列車
ここでお着替えタイム。
途中までももクロちゃんたちが退出したの気がつかなかったけど、
気づいた後もみなさん通常通りでした。
06. サラバ、愛しき悲しみたちよ
07. MOON PRIDE
08. ココ☆ナツ
夏以外で初めて聴いたなあ
09. 灰とダイヤモンド
10. 全力少女
みんな感動してた
11. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
一体感がたまらん
12. 月と銀紙飛行船
13. キミとセカイ
14. 5 The POWER
15. CONTRADICTION
好き〜heart04
16. 上球物語 -Carpe diem-
17. 月虹
19. ゲッダーン!
18. 走れ! -Zver.-
20. ツヨクツヨク
タオル巻くと暑いけど、
バッグから出すのもめんどいなあ
21. Link Link
あーりん卒業記念メイン曲heart01
いい曲だー
22. 青春賦

(アンコール)

23. BIRTH O BIRTH
24. 労働讃歌
25. Zの誓い
どーでもいいことかもしれないけど、
新曲で終わると盛り上がりに欠けるのでは…?

今回初めての九州開催なので、出来ればAEイベントではなくフツーの春の一大事にして欲しかったと思うのは私だけなのだろうか。近隣在住の方でまだライブに参戦したことがなく、ちょっとどんなものか覗いてみたいな〜、と思ってる人が会費4,000円払ってさらにライブ料金はキツくないだろうか?

ももクロちゃんのライブは中毒性があるのだから一度来ればつい2度3度と足を運んでしまうだろうから、予約を取りやすいようどうせじきに会員になってしまうのであれば、「会員にならなきゃライブ見られないよ」的なやり方はしなくてよかったと思うのです。

そして結果的に当日券発売というのは「なんだよ〜!せっかく会費払ったのに当日券売るの?」という意見に繋がらないだろうか?

それとあとひとつ苦言を呈することが許されるならば、警備のやり方を変えていただきたいということ。

私達は平素はフツーに仕事してきちんと暮らしている人が大半を占めるのですが、ライブだけは一般のももクロちゃんに興味のない人から見れば奇異な格好をして(ド派手な押し色の服に加え今回はAEイベントなので白ベレー帽着用)頭のネジを外して踊りコールしまくるわけです。ライブはいわば異世界、私たちモノノフの夢の場所でもあります。

ところが今日は通路際のアリーナ席だったため、遅れてきた人や途中で抜ける人を通すためにスーツの警備の人がのべつまくなしに通り、しかも彼らは仕事だから仕方がないことなのですが極めて真面目な、苦虫を噛み潰したような表情をし、私たちを押して「通路開けて!」と叫ぶのです。おかげで彼らが通るたび現実に引き戻され、正直ガッカリでした。

クラシックのコンサートでは係員でも大声は許されない。アーティストから享受する陶酔を誰も邪魔は出来ません。モノノフはそれほどの警備がなければ維持できない暴徒だというのか?本当に腹が立ちました。

しかしながらどうしてもこれほどの警備が必要だと言うならば、百歩譲って警備の人も変な格好をしてくれないかな。大阪の女祭りでは場外の警備の男性はデカイリボンを付けてスカートをはいていました。せめて黒の箱推しTシャツに「全力警備」とか筆文字で書いた法被を着て違う色のベレー帽をかぶるとか出来ないの?そして「開けて!」ではなく「すいません、少し開けて下さいね〜」くらいの丁寧語を使うのが最低限のマナーではないですかね。警備の人もライブを構成する大事なスタッフなのですから。

さんざん文句タレましたが、ライブ自体は去年のファンイベと違ってものすごい密度で、バラエティ色もほどほどに歌いまくるすばらしいものでした。ももクロちゃんすごいsign03ライブ行くたび好きになる。2日目も全力で押しまくるぞsign03


« 博士と彼女のセオリー ☆☆☆☆ | トップページ | ももクロどんたくライブ2015 2日目 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/61405117

この記事へのトラックバック一覧です: ももクロどんたくライブ2015 1日目:

« 博士と彼女のセオリー ☆☆☆☆ | トップページ | ももクロどんたくライブ2015 2日目 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30