« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

すごい釣果!

Image

Image_2

すごい∑(゚Д゚)
私がももクロちゃんの女祭りで大騒ぎしているその頃、ダンナはトカラ列島に遠征して世界を釣っていた。1枚目はカンパチ、2枚目はなんと高級食材クエだsign03このためにダンナは仕掛けを作ったり、リール買ったりしていたので、「ボウズだったらちょっとかわいそうだな〜」と密かに思ってたのですが、ああよかったcoldsweats01

続きを読む "すごい釣果!" »

2014年11月28日 (金)

テットベリーでスコーン教室

Image_5

私の大好きなテットベリーでは、スコーンやイギリス菓子の教室も催されています。お店に行くたび「こんな美味しいスコーン、どうやって焼いてるんだろう?」と思っていて教室にも行きたかったんですが、かなりの人気でいつも満員。それに吉祥寺からたまプラーザまで電車だけで1時間。暑い時期は避けたいなー…とかなんとかしてるうちにやっと予約が取れて今日ついに行ってきました。画像は焼く前の、生地を抜いて玉子を塗った時のものです。

テットベリーのオーナーさんはイギリスで勉強した方なので、スコーンは中身が柔かいイングリッシュスタイル。スタバなどで売っているクリスピーなタイプはアメリカンスタイルです。

和気あいあいとみんなで粉を混ぜ、たたんで伸ばして型で抜いて…焼成はお店でやってくださり、最後は美味しいお茶(好きなのを選べる)とともに自分の焼いたスコーンを試食します。不器用な私が作ったにしては意外なほど膨らんで、ナイフで割るとブワッと湯気が立ちます。クロテッドクリームとジャムをたっぷり塗ってパクッと食べると、サクッとしているけど中身はしっとり柔らか。小麦粉の配分に工夫があるので、ベタベタせず香ばしいのです。思わずみんな笑顔で「美味し〜いhappy01heart04

正直、知らない人に混じってわざわざ遠くまで朝早く行くのがちょっと億劫でしたが、行ってよかった!お客様にサッと焼いて出せるように練習しなきゃだな!


2014年11月26日 (水)

薄桜記(前進座)

Image_3

大阪から帰ったばっかなのに、浅草公会堂で前進座のお芝居「薄桜記」を観てきました。遊んでばっかりだ。

「生涯に妻はお前ひとり」
たとえ命は果てようと
生きたあかしは
誰にも消せぬ
舞い散る桜は二人の愛か (パンフレットより)

NHKでも人気を博したこの演目、大好評だそうですよ。

続きを読む "薄桜記(前進座)" »

2014年11月24日 (月)

女祭り2014 ~Ristorante da MCZ~

Image_3

ももクロちゃんの女性限定イベント「女祭り2014 ~Ristorante da MCZ~」に参戦してきました。

大坂城ホール約10000人が女子で超満員でした。
自作のステージ衣装や、限定トレーナーなどをほぼ全員着用。見るだけで楽しいです。私はあーりん押しなのでピンクの結城紬に半幅帯、あーりんの半纏で。まさかキモノフはいないだろう〜と思ってたら、私の後方にひとりいたΣ(゚д゚)

両手にキングブレードと呼ばれるLEDライトを押し色にして持ち、ものすごい勢いでコールしつつ踊り狂います。さすが女子はだいたい振りは憶えており、踊りがビタッと合うのです。

そもそも開演前から女子達は息がぴったりで、(レストランテを意識しているので)アイネクライネが流れてくるとみんなでキンブレ振ったり、自然発生的に応援合戦が始まり、ひととおり終わったら自分たちでもビックリしたのか「おおーーーーー❤️」と拍手が沸き起こりました。

オーバーチュアも女子用にアレンジされててよかった。(照明が消えてオーバーチュアが流れてくるといつも泣きそうになるのですが、会場を出るとき同じようなことを話していた女子がいて、ちょっと感動しました)
またアンコールの掛け声もぴったりで、オトコがいないと世界は整然としているのではないの?いやいや、これがももクロちゃんのチカラなのねとマジ思いました。いや〜、女祭り最高!

セトリは、

01. Wee-Tee-Wee-Tee
02. Z女戦争
03. 仮想ディストピア
04. ツヨクツヨク
05. My Dear Fellow
06. ワニとシャンプー
07. いつか君が
08. ピンキージョーンズ
09. DNA狂詩曲
10. MOON PRIDE
11. Moon Revenge
12. 月虹
13. 空のカーテン
14. Chai Maxx
15. キミとセカイ
16. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
17. 労働讃歌
18. サラバ、愛しき悲しみたちよ
19. 走れ!
20. コノウタ
<アンコール>
21. ももいろパンチ
22. ももクロのニッポン万歳!
23. スターダストセレナーデ

でした。同じ雰囲気の曲を固めてあるのでとってものりやすかったですね。特にメインディッシュのChai Maxxからの流れはスタンド席から見るとクラブみたいだったなあ。アリーナの結構細い通路をももクロちゃん達が行ったり来たりして、こういうのはやはり男子いると危ないから女子だけの特権ですね。

踊って歌って笑って叫んで、楽しかったのなんのって!…でもまあ、知り合いには見せられないね。

続きを読む "女祭り2014 ~Ristorante da MCZ~" »

2014年11月21日 (金)

肌寒くなってきました

Image

寒がりのミニがくるまる季節がやってきたようです。


2014年11月18日 (火)

美女と野獣 ☆☆☆

Image_2

TOHOシネマズ府中で「美女と野獣」を観てきました。火曜日の会員サービスDAYのはずなのに恐ろしいほどガラガラです。そして私のお隣のご婦人達も混雑を予想していたのでしょう、私にぴったりひっついた席。ガラガラの劇場内、知らない同士がひっついて観る。

豊かな商人だった父が破産し、失意の中迷い込んだ深い森の中の城。娘たちへのお土産に宝石を持ち帰り、一番可愛がっている末娘のベル(レア・セドゥ)にと一輪のバラを手折ると・・・

現在府中では大がかりな駅前再開発工事が行われていて、すごく埃っぽいのです。ハードコンタクト使用の私は目にゴミが入ってつらいのですが、映画のエンディングで耐えられないほど右目が痛くて涙ボロボロ鼻水グシュグシュ、まるであまりの感動に耐えかねて感涙にむせび泣くご婦人のようになってしまい恥ずかしいったらありゃしない。ちょっとお隣の方、言っとくけどこんなベタなエンディングで泣くほど私はいい人じゃないんだからね!


続きを読む "美女と野獣 ☆☆☆" »

2014年11月14日 (金)

ロイヤルアカデミー展

Image_15

燈々庵に近いし、ってんでついでに東京富士美術館で開催中の「ロイヤル・アカデミー展」を観てきました。

失礼ながら都心ではなくあきる野市だし、駅から遠いし、ゆっくり観られるだろう…と思っていたのですがとんでもない!決して広いわけではない展示スペースに押すな押すなの大盛況∑(゚Д゚)おみそれしましたm(_ _)m

この美少女はミレイの「ベラスケスの思い出」。ミレイがベラスケスの「ラス・メニーナス」でおなじみのマルガレーテ王女の絵に触発されて描いたものです。豊かな髪、ちょっと受け口なところがマルガレーテちゃんを思わせますが、こっちの方がかわいいかな〜?

「1875年のロイヤル・アカデミー展出品審査会」という絵を観ると、会員のみなさんはまるで会社役員的なお堅い雰囲気の紳士ばかり。権威ある方々の集まりなのね。そして滲み出る保守的な香り…なるほどこれがイギリス流。

展示されている作品は風景画が多くてなんだか落ち着きます。人が狭い通路でつかえてしまい動けなくなったこともしばしばありましたが、イラっとすることなく過ごすことができましたよ。

続きを読む "ロイヤルアカデミー展" »

2014年11月13日 (木)

燈々庵(あきる野)

Image

犬トモのモコママが「燈々庵」に行ってみたいと言うので、車に乗ってあきる野へGO!
以前黒茶屋に行きましたが、そこのグループだそうです。


続きを読む "燈々庵(あきる野)" »

2014年11月10日 (月)

オーサワ復活

Image_6

長いこと閉まっていた近所のケーキ屋さん、オーサワが工事してるなーと思っていたところ、復活していました。吉祥寺コピスの地下にあったお店も閉店してしまったし、「ガーナはいったいどこで買えばいいの?」とファンの友人が言っていたので、早速教えてあげないとね。


2014年11月 6日 (木)

グレースオブモナコ 〜公妃の切り札〜

Image

TOHOシネマズ府中で「グレースオブモナコ 〜公妃の切り札〜」を観てきました。

実在の、しかも万人に愛されている人の演技って難しいですね。モノマネじゃ滑稽だけど全然仕草が似ていないと話にならない。その点ヘレン・ミレンがエリザベス女王を演じる時はすごいなと思うのですが、今回はグレース・ケリーですからねえ。私を含め年配の映画ファンは誰がやったって納得いかないところなのに、ニコール・キッドマンはよくがんばったと言えましょう。

しかしながら...大変言いにくい事ですが...このパターンもう飽きちゃったのです。辛い境遇に置かれた有名人の主人公がキャラの立った専門家の助けを得て最後に実力だしてハッピーエンドってヤツ。「英国王のスピーチ」から増えた気がしますが、同じ木の下にドジョウは何匹もいないもんです。

ではどこに違いと面白さを見出すか?今回の場合だとスノッブな雰囲気でしょうか。モナコの美しい景色(これは心象風景としてグレースわかりやすくリンクします)、伯爵が出してくれるティーセットのステキすぎる事、そして何よりニコールの着こなすドレスやジュエリーの素晴らしさといったら!そう、幼稚なストーリーに期待せずとも「ツーリスト」のような楽しみを見出す映画なのです。

グレースの「切り札(これもまた大仰な...)」は大切な1ピースであっても全体ではありません。愛で戦争が止まったら警察要らんのよ。モナコがタックスヘイブンであること(これについては色々意見もあるでしょうが)、資金洗浄に政府が決して消極的ではないこと、グレースが跡継ぎを産まないと断絶する恐れがあったこと、2005年にフランスの介入なしで単独で他国と条約が締結出来るようになった事など知っているとより楽しめるかもですね。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30