« 赤ひげ | トップページ | オペラを見た後にイタリアン? »

2013年12月 1日 (日)

トリノ王立歌劇場 日本公演


トリノ王立歌劇場の日本公演「仮面舞踏会」を観てきました。

生のオペラって高価いので観ることはないんだろうな〜と思っていましたが、最近ライブにこっているダンナがチケットを取ってくれましたT^T

ですんで、お着物は大島の一張羅と牛首紬に紅型染めの袋帯でめかしこんで。
訪問着に美容院でセットした髪の方もいらっしゃってて、オペラのお祭り性を感じましたね。

歌手のみなさんそれは素晴らしい声量で、圧倒されっぱなし。人間ってあんなに大きい声で歌えるのね。イタリアオペラの「愛以外はいらない!!」的なこっぱずかしいセリフだって大げさに聴こえないのがもうオペラの超現実。リッカルド役の人の声が明るくてのびのびしてて素敵でしたheart04

舞台演出はモダンで、最後に仮面舞踏会があるのにアンタッチャブルのようなスタイルのドレス&スーツ。スウェーデンのグスタフ3世(あのフェルゼンの君主)の暗殺事件をモデルにしているんだし、もっとコッテコテのコスチュームプレイが見たかったかもしれないですが、充分満足ですよ、オシャレな感じで。

機会があればまた夢の世界を堪能しに行きたいです。

« 赤ひげ | トップページ | オペラを見た後にイタリアン? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/58678453

この記事へのトラックバック一覧です: トリノ王立歌劇場 日本公演:

« 赤ひげ | トップページ | オペラを見た後にイタリアン? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31