« 巨匠たちの英国水彩画展 | トップページ | アントューカ(三鷹) »

2012年12月 4日 (火)

12月のフレンチサック


Tちゃんがわざわざ吉祥寺に来てくれたので、とっておきのお店フレンチサックにお連れしましたよ(^-^)

「せっかくなんで」っていう謎の決め台詞を使いWセット(前菜・魚・肉・パン)&スープ・デザート・飲み物という豪華なコースにしてみました。

これは前菜「牛肉カルパッチョ、ホタテのオレンジとマンゴーソースオリーブ添え、サラダwith3種のチーズ」。
カルパッチョは軽い岩塩のような下味がついていて、いくらでも食べられるようだし、ホタテはフルーツの甘いソースが爽やか~。サラダにはバスク地方のゴーダチーズを使うなどコリまくりです。やっぱりここに来て良かった^▽^♪


カブのポタージュ。赤いのはワインビネガーなので、ここをすくって飲むと味が変わって面白いのです。


真鯛は最近ダンナが釣ってくるので外ではあんまり食べないのですが、こーれはウマい!!下に敷いてあるマッシュポテトとほうれん草のペーストが淡白な身とよく合います。ダンナにも食べさせたい・・・(そして作ってもらいたい。)ポテトはフュメではなくフォンで味付けしてあるそうで、工夫があるよねえ。


そしてこれがまた!!「ササミのパネ」。
パネってパン粉をまぶすことだそうですが、絹引きの細かいパン粉をまぶしてソテーしたのを黒糖のソースと焦がしバターのソースの2種類でいただきますが、ササミのしたにはサツマイモの煮たヤツがコロコロしてて、そのコロコロとササミを一緒にソースと口にいれるとやさしーい甘さと後からバターのしょっぱいのが追っかけてきて、さすがです!
しかもササミってパッサパサなイメージがあったんですが、しっとりと柔らかくて・・・どうなってんの?


そしてデザートは4種類からチョイスですが「ビーツのクレームブリュレ」!

たしかにボルシチに入ってるビーツの味なんだけど、カスタードよりずっと軽く、後味がさっぱりしてて、たっぷり食べたあとでも胸焼けしないのです。量も普通のより少し多めでちょっと嬉しい。

やはりサックはハズさない。ちょっと変わったものを出してくるんだよねえ。最近は平日でも満席の事が多いらしいのですが、私たちが行った日も大入りでした。
ふらっとひとりで入れないのは残念だけど、トモダチ誘って一生懸命通おうっと。

« 巨匠たちの英国水彩画展 | トップページ | アントューカ(三鷹) »

吉祥寺」カテゴリの記事

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31