« ナローケーズ | トップページ | ダークナイト・ライジング ☆☆☆☆☆ »

2012年9月10日 (月)

ソルジャーズ・アイランド ☆☆☆

 

シアターN渋谷で「ソルジャーズ・アイランド」を観てきました。間違ってメンズサービスデーに行ってしまったのでなんかシアター内が男臭くて・・・迷彩服で行くと特別料金だそうですが、今日は残念ながらいなかったような気がします。自衛隊カラーの地色の着物なら持ってるんだけど、それじゃだめかな。だめだね。

世界のVIPに贈る、安心安全な戦争体験プラン
1.任務は本物の軍事キャンプ場から戦地への武器運搬
2.最前線で活躍した退役軍人がボディーガード!
3.お金の使い道に困っている方にオススメ!
4.全額税金控除、自慢のネタにいかがですか?

寄附金控除ですかな?元経理としては気になる。お金の使い道に困ってるんだったら控除は気にしなくてもいいのでは?「控除気にしないで寄附してやったぜえ?ワイルドだろお?」ってパーティーで自慢したらいいじゃん。

まあともかくオカネモチの遊びを利用してですね、その参加費を不法に占拠されている黒海に浮かぶ島を解放するために戦っている反乱軍の武器代にしてやろうというとんでもない計画。そこに集まってくるオカネモチ・・・ロシアの鉄鋼王、ケータイの発明者、ゲームクリエイター、投資家、武器商人・・・を守るという名目で雇われた退役軍人クレイグ(クリスチャン・スレーター)。武器とオカネモチを運ぶだけだし、安全な地域だというから引き受けたところが大変な事態に・・・

名作「トロピック・サンダー」を思い出しますねえ。

 

オカネモチの中に密告者がいたのだ!
まあこの場合、一番怪しい人はセーフなので、あの人でもこの人でもなさそうだし・・・ちゅうとこの人か。当たり。的な。

キャストの中にロードオブザリングのボロミア役のショーン・ビーンとメリー役のドミニク・モナハンがいてちょっと懐かしかったです。ボロミアかっこよかった・・・てか、ショーン・ビーン超セクシー

冒頭かなり緊迫した状況で始まるのですが、なぜか緊迫しない。ドキドキしないんです。やはり少し監督さんのキャリア不足なのでしょうか。画面に迫力がなくてなんかヌルいんです。アクションシーン全体にやはりヌルい。ボートで逃げるシーンなんか、私でも走って捕まえられそうだし・・・ま、これは言いすぎか。しかしながらアクション映画でアクション感ないのって致命的ではないですか?

予算がなかったのか敵の基地もかなりチャチイし、隠れて反乱軍してる割にはヒロイン(マイケル・ジャクソンそっくり!てかラトーヤ・ジャクソンかと思った)が真っ青なシャツとか着ててシロートの私も超(@_@。ですよ。

しかしながらコメディ部分はなかなかの面白さで、このカンジで全体を押し通して、アクションでドカーンと見せてくれればなー、と残念でなりません。C・スレーターやジェームズ・クロムウェルなども熱演しているのでもったいない!と思いつつも結構面白かったりして。特にドミニク・モナハンのクライマックスシーンの表情、よかったなあ~。バーチャルの世界しか興味のなかった男が初めて現実で生きてることを実感するシーンです。オカネモチ達それぞれに見せ場があって、ヌルいと思いつつもつい引き込まれちゃいました。

色々いちゃもん付けましたが、この分野(シロートが大変な状況に巻き込まれちゃうコメディ+アクション)が大好きなので、またこんなのが封切になったら観に行っちゃうと思います。

« ナローケーズ | トップページ | ダークナイト・ライジング ☆☆☆☆☆ »

映画」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31