« 今年って寒い | トップページ | ペントハウス ☆☆☆ »

2012年2月 6日 (月)

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 ☆☆☆☆

341223_02_01_02

マイカル武蔵野ミューで「ジョニー・イングリッシュ気休めの報酬」を観てきました。

もしあなたが友人をこの映画に誘い、「えー、私ミスタービーン苦手~」とか断られてひとりで観に行った後、かならずあなたは友人に必ず言うでしょう。
「めっちゃ面白かったよ!あなたも観ればよかったのに!」

かつてはイギリスの諜報機関Mi7で花形だったジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)はモザンビークで大失敗をしてクビ。そして5年後、新たに活躍の場を与えられ復帰したジョニーは意気揚々とMi7に向かったが、久しぶりに見る職場は彼の想像を超えていた。そして彼は香港へ!

題名を見てもわかるとおり、009シリーズのパロやおちょくったシーン続出。ダニエル・クレイヴ以外の009シリーズって私はちょっと実は好きではないんです。だってイタいほどスカしてるし、キレイなお姉ちゃんが出てきてウッフーンでしょ?ごめんね、ファンの方・・・でもこの映画ではアンチ009も驚くほどの逆手ぶり。私の持ってるマイナスイメージを笑いというスパイスで味付けし、見事な料理で出してくれました。

341223view001

もう最初から最後までずーっと笑いっぱなしなのです。しかも「ふふん」じゃなくて「(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ」てカンジ。遠慮なんかしてらんない!前に座ってたお兄ちゃん2人もヒーヒー言ってましたよ。Mr.ビーンでは顔芸がちょっとしつこくて合わなかったのですが、今回顔芸は若干おさえめなのでとっても見やすい。ベタなギャグはまるでドリフ。小さいころに帰って、ドリフの生中継を見ている気分でした。しかしローワン・アトキンソンはオックスフォード卒、バリバリの理系なのだそうです。だからなのか彼の笑いはすごく計算されていて、緻密で、シリアスです。

そして意外にも、スパイ映画としてちゃんとしてるんです。これ大事。

これだけ褒めちぎってるのに☆が4つなのはなぜか?それはねー、車いすカーアクションシーンが凝った割にイマイチキレが悪いから。特撮に頼ってもよかったんじゃないかなあ。

もうすぐ公開が終わっちゃいますが、せめてDVDででも見てください!落ち込んだ時の特効薬になりますよ。それから、エンドロールは必ず見てね、おまけがあります。

« 今年って寒い | トップページ | ペントハウス ☆☆☆ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/53936134

この記事へのトラックバック一覧です: ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 ☆☆☆☆:

« 今年って寒い | トップページ | ペントハウス ☆☆☆ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31