« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

釣果2/26

1

今日は乗合船に行ったダンナの釣果は、アマダイ大小、アジ、サバ大2(小さいのをかなりリリースしたらしい)、オニカサゴ小1、ヒメコダイ1でした。

画像は左からアマダイ、アジ、炙りシメサバ、ナメロウです。

2

3

4 焼きサバに、アクアパッツァに、オニカサゴのお吸い物。

5 小さいアマダイはヒラキにして。いやあ、マメなダンナだなあ。ごちそうさまでした。

Donburioドンブリオ(吉祥寺)

19

知人Nさんにネイルをしてあげた後ゆっくりランチを一緒にする予定でしたが、思いがけずまだツメにカルジェルが残っていたのでオフしていたら時間が押してしまい、「とにかく早く食べられるとこ!」と入ったのがここ、Donburio(どんぶりお)です。

画像は「ねぎ塩ソースの蒸し鶏丼」です。一口鶏を食べて、ちょっとぱさついて硬いなあ、蒸し過ぎたのかな・・・とは思ったのですが、それでも塩だれがいい味出してたのとたっぷり乗っている野菜と一緒に食べるとさっぱりと食べられたので、すごい勢いで平らげてしまいましたdelicious

それにしても出てくるのが早いこと!おかげでNさんはこの後の整体の予約時間に余裕で間に合いました。時間がなくても美味しいものを食べたい女子、おひとりさまでもだいじょうぶですよ。

2012年2月24日 (金)

マルデナポリ(三鷹)

17

18 息子と一緒に三鷹のMale-de Napoli(マルデナポリ)に行ってきました。ここはパスタが美味しいので結構来るんですが、デザートを食べたのは初めてでした。めっちゃかわいいheart01

食事中に写メ撮るとフツーは息子は嫌な顔するんですが、この時ばかりは「写メ写メ!」と盛り上がっていた。絵心のある店員さんがいるもんだなあ。

2012年2月23日 (木)

おとなのけんか ☆☆☆☆

341534view001

TOHOシネマズシャンテで「おとなのけんか」を観てきました。原題はcarnage、「修羅場」でしょうか。ケイト・ウィンスレットが痩せていた・・・チョットショック・・・

ロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリーとジョディ・フォスター)の息子がカウアン夫妻(クリストフ・ヴァルツとケイト・ウィンスレット)の息子とケンカで顔を棒で殴られ歯を折るけがをした。両夫妻は事後を話し合うため集まりにこやかに話し合いは終了するかに見えたが、予想もしない修羅場へと発展していく。

ケンカって苦手。自分がケンカするのも、他人のケンカするのをみるのもなんだかいたたまれないような具合が悪いような。なのでこの映画も観るのを躊躇したんですが、ちょうどレディースデーにシャンテの近くに用があったので、ついでなら観るかな?程度に来てみたのです。

やはり最初はジョディ扮するリベラルガリガリ女(いつも歯を食いしばってセリフを言うジョディのはまり役と言ってもいい!)の「悪いのはみんなあなた方」的なとげのある言いぐさにいたたまれず気分がわるかったのですが、時間がたつにつれて方向が本題の子供よりも違う方向に向いたところで面白みUPupあっちに味方につたと思えばむこうを攻撃し、共同戦線を張ったり離れたりと、早い展開で観客を笑わせ翻弄します。舞台劇の映画化だけあって、舞台がほとんど動かないのに飽きずに見せるし、退屈しないように計算されていましたよ。

私自身子供のケンカに巻き込まれて学校に呼ばれ相手と親に謝罪したことがあります。が、その帰りに息子が「腹減ったからなんか食べて帰ろうよ」となんとその当事者である友人を誘い、私と3人でゴハンを食べに行き、ゲラゲラ笑ってメシをガバガバ食ってる2人を見て、「あちらの親御さんは『イジメだ!』って険悪な雰囲気だったのに・・・」とあっけにとられてしまいました。子供のケンカってこんな風かもしれないけど、大人同士のケンカっておさめどころがなくてコドモよりずっと困ったもんですね~。

2012年2月22日 (水)

第8回Catアートフェスタ2012(丸の内)

13

丸善丸の内OAZOで「第8回Catアートフェスタ2012」が今日から始まりました。毎年東さなぼさんの作品を観に行っているので、今回も張り切って初日に伺いました。

14 さなぼさんってば、がんばってるう!今回もかわいい食器や置物がたっくさんあって、欲しいの全部買ったら破産しそうな勢いです。カモシカ&招き猫なんていうのもあっておもしろいったら。

15 ネコグッズが好きな方、焼き物が好きな方、ぜひどうぞ!28日までですよ!

2012年2月19日 (日)

ラ・メール・プラール(有楽町)

4 おととしフランスのモンサンミッシェルへ行ったとき、ラ・メール・プラールに泊まったにも関わらず食べられなかった名物オムレット。近隣のレストランで昼食時に食べたそれは、夕食のときに後ろに座っていた他のお客さんが食べていたそれとはかけはなれていてかなり悔しい思いをしたものの、かといってもう一回モンサンミッシェルに行ってまで食べるか?というと・・・ムリ。そんなこんなで遺恨を残すオムレットが有楽町の東京国際フォーラムで食べられるということで、行ってきましたよ!

11 ちなみにこれが「本家と違うじゃん!」とツアー客全員を騒然とさせたレストランのオムレット。

なんでもラ・メール・プラール世界初進出らしいこのお店、本店とまったく同じレシピらしいけど、HP見るとひとりでは行きづらそうなので、併設されてるカフェに行ってオムレツは今日はいいや・・・と思ってたのに、カフェに入ったらレストランに案内されてしまった・・・。カフェもレストランも入り口はひとつだったのであった(ノ_-。)

続きを読む "ラ・メール・プラール(有楽町)" »

2012年2月15日 (水)

人生はビギナーズ ☆☆☆

240_240_t

TOHOシャンテで「人生はビギナーズ」を観てきました。予告では楽しげなコメディーの雰囲気だったのですが、シリアスでした。

オリヴァー(ユアン・マクレガー)の父(クリストファー・プラマー)は妻の死後ゲイだとカミングアウト。末期のガンだというのに積極的に若い恋人を作り、オシャレをし、ゲイのコミュニティーに参加し、と体調とは反比例に楽しい人生をおくり、死んでいった。しかしオリヴァーは運命の女性・アナ(メラニー・ロラン)と巡り合ったにもかかわらず哀しみにとらわれた生き方をしていた・・・

犬のアーサーがかわいくて!!お父さんの犬なのですが、主人を失ったことにより分離恐怖になってしまったらしく、オリヴァーから離れると鳴き叫んでしまうので、どこにでも連れて行かなければならない設定です。

続きを読む "人生はビギナーズ ☆☆☆" »

2012年2月14日 (火)

トモチョコもらっちゃったよ♪

V3

イヌトモのシーママに「いつもネイルしてもらってるから、お礼ね」とトモチョコもらっちゃったよhappy01heart01

2012年2月13日 (月)

麒麟の翼 ☆☆☆☆

340705view001_2 立川シネマシティで「麒麟の翼」を観てきました。ここは会員年間1000円・ネット予約手数料50円なんですけど、平日すべて1000円で観られるのでお得感あります。劇場によっては多少画面が見にくい所もありますけど・・・

東京日本橋で腹部を刺され息絶えた男性(中井貴一)は、救急車を呼ぶこともなく、現場から8分も歩き続けたことがわかった。一方犯人と目された冬樹(三浦貴大・百恵ちゃんの息子さんだね)はトラックにはねられ重体となる。男性の持ち物には家族も知らないものが・・・いったい男性に何がおこったのか?

うーん、CMにミスリードされてしまいましたね~。みごとにだまされちゃった。やはり原作がしっかりしてる映画はいい。もともと東野圭吾さんのファンなので作品はほとんど読んでいるのですが今回は原作を読まずに来たのが正解。思いもかけないところから糸口が出てきて、最後は何回も感涙ですよ(;ω;)

続きを読む "麒麟の翼 ☆☆☆☆" »

2012年2月12日 (日)

釣果2/11

8

おおー、リアル魚群heart01大漁ですなあ。

続きを読む "釣果2/11" »

2012年2月11日 (土)

テーブルウエア・フェスティバル2012

V1

Kちゃんに「テーブルウェア・フェスティバル2012」のタダ券をもらったので、共通の友人であるイヌトモ・シーママと東京ドームへ出かけました。

毎年、どこかしらのTV番組で見かけるこの催しに一度行ってみたいけどどこで告知しているのかも、チケットを売っているのかも知らなくて、結局次の年にまたTVで見るというこれなんというループ?だったのですがね。

そしてTVで見るのと現場に行くのでは大違い。200もの展示即売ブース(回りきれなかった)、15の協賛社コーナー、特別企画、テーブルセッティング、日本の食器、洋の食器、コンテスト、イベントなど信じられないような盛りだくさんな・・・目がまわった(@Д@)

バレンタインも近いことなので、ダンナに晩酌用のぐい飲みなど買って、ニコニコ帰ったのでした。また行きたいな!

2012年2月 8日 (水)

ペントハウス ☆☆☆

341250view001

TOHOシネマズ府中で「ペントハウス」を観てきました。レディースデーということもあるのか、ほぼ満員でした。

マンハッタンの超高級マンション「ザ・タワー」は平均価格5億、ホテル並みのサービスが自慢だ。マネージャーのジョシュ(ベン・スティラー)はペントハウスに住む長い付き合いの大富豪ショウ(アラン・アルダ)に従業員の年金の運用を任せたが、なんとショウが20億ドルの詐欺容疑で逮捕されてしまう。末端被害者の彼らの年金や、老後の蓄えもパアとなるのか?

こないだの「ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル」のブルジュ・ハリファのシーンでは「怖いけどあんまり高さ感じないなー?」と思ったりしたんですが、この映画のクライマックスシーン、予想外に凄い迫力でみんなヒャーヒャーになってましたね。高所恐怖症の私は当然手のひらがびっしょびしょ。違いは何かというと、前者がプロなのに対し後者は素人集団だからです。安定感がないっていうのがこんなに怖いなんて・・・このシーン、映画館で観るべきですよ。

そしてこの映画では俳優がすごく光ってます。お久しぶりのエディー・マーフィーは相変わらずの滑舌。「ジェシー・ジェームズの暗殺」で怪演をみせていたケイシー・アフレックは上手いよね~と唸らされたし、「プレシャス」の主役のガボレイ・シディベもかわいいしはつらつとしてる。もっと彼女が見たいな。こないだの「グッドドクター」に出てたマイケル・ペーニャも持ち味がよくわかったし、最後のセリフもとってもよかった!犬もかわいいし!スカッとしましたよ!

2012年2月 6日 (月)

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 ☆☆☆☆

341223_02_01_02

マイカル武蔵野ミューで「ジョニー・イングリッシュ気休めの報酬」を観てきました。

もしあなたが友人をこの映画に誘い、「えー、私ミスタービーン苦手~」とか断られてひとりで観に行った後、かならずあなたは友人に必ず言うでしょう。
「めっちゃ面白かったよ!あなたも観ればよかったのに!」

かつてはイギリスの諜報機関Mi7で花形だったジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)はモザンビークで大失敗をしてクビ。そして5年後、新たに活躍の場を与えられ復帰したジョニーは意気揚々とMi7に向かったが、久しぶりに見る職場は彼の想像を超えていた。そして彼は香港へ!

題名を見てもわかるとおり、009シリーズのパロやおちょくったシーン続出。ダニエル・クレイヴ以外の009シリーズって私はちょっと実は好きではないんです。だってイタいほどスカしてるし、キレイなお姉ちゃんが出てきてウッフーンでしょ?ごめんね、ファンの方・・・でもこの映画ではアンチ009も驚くほどの逆手ぶり。私の持ってるマイナスイメージを笑いというスパイスで味付けし、見事な料理で出してくれました。

続きを読む "ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 ☆☆☆☆" »

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30