« ガリバー旅行記 ☆☆ | トップページ | 名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター) ☆☆☆☆ »

2011年4月20日 (水)

SOMEWHERE ☆☆☆

337920view001

ものすごく久しぶりに吉祥寺バウスシアターで「SOMEWHERE」を観てきました。やはりこれからはバウスで観るのはやめようかなあ・・・段差がなくてスクリーンが低いので前に人が座っちゃうと字幕が読めない。近くて便利で、コアな作品をやってくれる貴重なシアターなんだけどなあ・・・

ハリウッドスターのジョニー(スティーブン・ドーフ)は気ままなホテル住まいで退廃的な生活を送っているが、別れたガールフレンドとの間に出来た11歳の娘(エル・ファニング)をしばらくの間預かることになって・・・

このテーマは世界中にずっと前から腐るほどたくさんあって、あえてこれに挑んだソフィア・コッポラ監督のヤル気を感じます。冒頭のフェラーリがグルグル意味なく回るシーンは彼のきらびやかだがしかし空虚な生活を表現しているのか、そこから続く何分ものアホの生活はイヤというほど退屈な、そして意味のない、人生を消化するだけの何にも後に残らないものです。

そしてこの後娘との生活が始まりますが、ハリウッド的ではなく、感情を極めて抑えた表現で2人の生活を描いていて、なんというか日本的な感じがするんですね。ま、こんなベタベタする父娘は日本ではあんまりないんですが、かといってアメリカの家族家族うるさい感じでもない。楽しいのですがひたすら淡々と。娘・・・というよりはむしろ大事にしてるガールフレンドとの清らかなお付き合いのように私には見えました。そして娘役のエル・ファニングの、あの年頃の「パパ好きなんだけどなんだかなあ、しょうがねえな」というビミョーな感覚をさらっと演じていてすごい。ちょっと怖いダコタ・ファニングより私は好きです。

パパと娘といってもセレブなのでイタリアの一流ホテルのスイートのプールで遊ぶとか、授賞式に連れて行くとか、キャンプに送っていくのにヘリコプターとか、他のセレブと会うとかちょっと遠い世界なんですけど、そこがソフィアの小さい時とかこんな風だったんだろうな~と、ほほえましくなりました。

しかし世の中にはいろんなサービスがあるもんだ。出張ポールダンスのダンサー(だけではないが)が折り畳み式ポールを片づけてるところ見てびっくりしたな。もう。

« ガリバー旅行記 ☆☆ | トップページ | 名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター) ☆☆☆☆ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/51475552

この記事へのトラックバック一覧です: SOMEWHERE ☆☆☆:

» 隙間を埋める存在 [笑う学生の生活]
15日のことですが、映画「SOMEWHERE」を鑑賞しました。 ホテル シャトー・マーモントで暮らしている映画スター、ジョニー 孤独で空虚な生活な彼の前に 娘クレオが現れて・・・ ジョニーの孤独な日々、クレオと一緒な日々 淡々と、詩的に描かれていく 本当に ただそれだ...... [続きを読む]

« ガリバー旅行記 ☆☆ | トップページ | 名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター) ☆☆☆☆ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30