« 名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター) ☆☆☆☆ | トップページ | 再び高ソメキャンプ場へ行ってきました »

2011年4月28日 (木)

マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展

Img_0809 仕事関係で上京してきたRが、すっかり忘れていたマリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展に誘ってくれました。危ない危ないcoldsweats02

三菱一号館美術館はとってもアンティークで素敵です。が、靴音がごっつんごっつん響くのでソーッと歩かねばなりません。

ベルバラを読んでる世代には「ルブラン夫人」は常識問題。マリー・アントワネットのお気に入りの肖像画家ですね~。目をつぶればコマ割りまで浮かびますよ。あ、ルブラン夫人、どうぞそのまま座っていらっしゃい。しかし思い切って買った図録の解説にこのシーンが引用されてたのにはちょっと驚いたなあ。

とはいえなかなかルブラン夫人までたどり着けず、少し前の時代からの肖像作家の作品の展示が続きます。が、なかなかの見ごたえ。モデルも作家も名を知らなくても楽しい展示です。悲しい絵とか恐ろしい絵はあり得ないですものね。

ぷっくりした子供の食べてしまいたいほどのピンクのほっぺ、女性の美しいドレスやレース、帽子の花。貴族の男性の勲章。みな美しく微笑み、輝くばかりの幸せが伝わってきます。それが肖像画家の仕事ですね。貴族が革命でいなくなったら次はジャコバンの絵をかいたり、頑張ってる人もいました。感無量です。

・・・が、その中で異彩を放っていたのがルブラン夫人作スタール男爵夫人の肖像画。本人は気に入ってなかったって・・・そうだろうね・・・すこし変わった人だったということだから、つい出ちゃったのかなあ?ということは肖像画としては成功か。

それにしてもまたもやベルバラに出てくるノアイユ伯とマダムエチケット・ノアイユ伯夫人がギロチンにかけられたということが張り出された解説にさくっと載っててショックでした・・・

って最後までベルバラかい。解説も順番もわかりやすく興味深く、これはこの企画に携わったスタッフの方々にしてやられたな~と思いました。

« 名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター) ☆☆☆☆ | トップページ | 再び高ソメキャンプ場へ行ってきました »

マダム?」カテゴリの記事

コメント

載っている画像はヴィジェ・ルブランの画集ですか?
ヴィジェ・ルブランが大好きで、画集であれば私もすごくほしいです!!
どこで購入されたのかお聞きできますか?

マダムさま、こんにちは。

これはこの「ルブラン展」の図録なんです。図録といっても、ハードカバーで厚さなんと2.5㎝、解説も楽しくて見ごたえ読みごたえのあるものです。当然、ルブラン展で展示された作品が全部カラーで載っております。

展示が終わってしばらくたちますので新品で手に入れることは難しいと思いますし、ネットオークションでもあまり見ないようですが、私は十分堪能しましたのでお譲りしてもいいですよ?

がんもさま

こちらからの質問でしたのに返信が遅れてしまい、申し訳ありません…

画集ではなく、展覧会の図録だったのですね。
三菱一号館の方に連絡を取ってみたところまだ販売しており、配送して頂けるとのことでしたのでお願いしました!

お気遣いありがとうございました♪
きっと素敵な図録だと思うので、がんもさんもずっと大事に持っていてほしいです!!

図録楽しみです(*´∇`*)

そうなんです。「これが図録?」ってくらいにゴージャスなんです。

個人的にウケたのは、ルブラン夫人が出てくる「ベルバラ」の1ページが掲載されていること。美術評論家の先生も知ってるんだなあと感無量でした。

どうぞお楽しみにね!

へ~~
ベルバラにヴィジェ・ルブラン出てるんですね~ ♬♩♫♪(●´∀`●)♪♫♩♬
楽しみが膨らみます♪

がんもさん
色々とありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/51627163

この記事へのトラックバック一覧です: マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展:

« 名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター) ☆☆☆☆ | トップページ | 再び高ソメキャンプ場へ行ってきました »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31