« レオニー | トップページ | 紅葉の京都2 »

2010年12月 4日 (土)

紅葉の京都

Imgp6406

紅葉を愛でに京都に行ってきました。・・・といっても今年はちょっと例年より早いみたいで、もう終わりがけでしたが、十分楽しめましたよ。花は盛りに、月はくまなくをのみみるものかは。

画像は東福寺。この通天橋から見る景色はステキなんですが、今日はなんといってもハイシーズンですので渡れるのは一方通行一回こっきり、チケットにハンコを押される厳しさです。

Imgp6380

まあもちろんというかなんというか、ワンコ禁止です。京都は犬連れはキビしそうですね。

Imgp6392

高いところから見る紅葉はなかなかいいですね。しかしこのお寺造った人、センスいい~!

ここの大涅槃図に感動した4代将軍義持が、これを制作したお坊さんに何か褒美を取らそうとしたところ、「ここは桜が多すぎる。近い将来、ここが遊興の場所になってしまうと困るのでこれを禁止してほしい」といったそうな。その願いを聞いて、なんと植えてあった桜をぜーんぶ伐採しちゃったそうなんですな。何も切らなくても、そんな殺生な・・・とは思いますが、井の頭公園でも桜のシーズンは大変なことになっていますが紅葉のシーズンはみなさんシンプルに紅葉を愛でていることを考えれば、あながち間違いではないような気がしてきます。ここは修行の場ですものね・・・。いまは600本ものモミジが私たちを静かに待ってくれています。なーんて。

Imgp6429

特別公開と聞いたら行かずばなるまい。室町時代の書院造りと寝殿造りが融合した珍しい建物だそうです。応仁の乱てば本当になんでもかんでも焼いてしまった罪作りなヤツですよ。ここは無事でよかった。

Imgp6430

この橋は、この龍吟庵によく来たおねねさんのためにかけたそうです。

Imgp6440

ここの方丈は国宝。建物は撮影禁止です。が、丁寧な説明をしてくださり、聴くのと聴かないのではずいぶん印象が違っただろうと思われます。庭園は重森三玲氏による昭和の作品だそうですが、モダンとも古風とも見える不思議な魅力のお庭です。松尾大社にあるあの石の滝のようなお庭も重森氏によるものなんですねえ。

Imgp6445

龍吟庵をでて、こちらにはいってみるかどうか迷っているとご婦人が「上の方に西郷隆盛さんの建てた碑があるわよ、行ってみたら?」と教えてくれました。そしてそのご婦人は「どう?こちら(龍吟庵)は入るべき?」とおっしゃるので、「国宝ですし、詳しく説明してくださるので面白いですよ」と情報交換。

Imgp6451

千両万両の庭を抜けて、少し坂を登ると、

Imgp6463_2

Imgp6464

石碑がひっそりと。歴史の授業やテストではただの知識ですが、この近くで本当にあったことなんだよなあ。あたりまえか。

Imgp6480

さて東福寺をでて、「京都一周トレイル」という道を通って泉湧寺に向かいます。いつもはこんなにじっくり歩くことはないのですが、知らない道を歩くのはおもしろいですね。

Imgp6493

地元の方がご親切にも声をかけてくれ、この階段を見逃さないように教えてくださいました。

Imgp6501

泉湧寺別院雲龍院に着きました。素晴らしいお庭、走り大黒天、大石内蔵助筆の額が拝見できます。

Imgp6508

すぐに泉湧寺に着きます。中に「楊貴妃観音像」なるものがあり、説明によると玄宗皇帝は亡き楊貴妃を偲んで等身坐像にかたどった観音像を彫らせたものが建長7年に日本に運ばれた・・・・ってホント?中国が「返せよ」て言わないの?

Imgp6525

坂を降りて今熊野観音へ。画像はそうでもないですが、ここの紅葉はまだ大丈夫でした。

Imgp6573

宇治まで電車に乗り、三室戸寺へ。その前にちょっとおなかがすいたので以前とってもおいしかった中村藤吉本店で甘いものでも・・・と思いましたが、ものすごく並んでる!テラス席はガラガラ、室内もかなり空席があるのに?これではいつになるかわからないしちょっとカンジ悪く感じたので、お向かいの「パティシエ山川」にはいりました。なんていってもここ、すごくいい香りがするんですよね。

Imgp6527

私の和栗モンブラン。注文してから作ってくれるそうです。結構大きくてびっくりしたんですが、甘さ控えめ、全然しつこくないのでパクパク食べられます。

Imgp6528

ダンナが併設のケーキ屋さんのケースまで見に行ってオーダーしたミルフィーユ。すごい速さで平らげました。

店内清潔で明るく、お客さんが絶えないふうでした。お店のお姉さんがすごく忙しそうだったなあ。

Imgp6532

タクシーに乗って三室戸寺へ。お、わたしらの影が映ってる。

Imgp6534

わーすごい!アジサイ、ツツジ、シャクナゲであふれています。お花のお寺なんだねえ。どれかの盛りにきてみたいなあ!と言ったらダンナが「今回は紅葉をみにきたんですからね。」あ、そうでした。

Imgp6540

それが終わると夏にこれら膨大なハスが楽しめるみたい。ここまでするんだったら池を掘った方がはやそうだけど…?きっとステキでしょうね~

Imgp6541

本堂はちょっと残念なことに・・・

Imgp6542

こちらは勝運のお寺らしく、若乃花・貴乃花の手形がありました。意外に手が小さいな?若乃花なんか私よりすこーし大きいくらいですよ。※私の手がバカでかいわけじゃないですよ。

Imgp6557

美しいお庭もあって、ほんとに盛りのころだと大変な美しさでしょうね。

Imgp6566

帰りは下りなのでゆっくり歩いてJR宇治駅まで向かいました。

Imgp6571_2

宇治の駅前通りは味わい深いお店がたくさんありました。

明日に続く!

« レオニー | トップページ | 紅葉の京都2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/50261593

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の京都:

« レオニー | トップページ | 紅葉の京都2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30