« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月23日 (火)

レオニー

Reoni1_4

立川シネマシティで「レオニー」を観てきました。

1901年、名門女子大を卒業したレオニー・ギルモアは教師として働いてたが、日本人の詩人野口米次郎と出会い、才能に惹かれ愛し合い子供を授かる。しかし米次郎は突然帰国、その後子供を産み落としたレオニーは米次郎の誘いを受け、日本へと向かうが・・・

レオニーのお母さんがため息交じりに言っていました。

「私はあなたを自立した女に育てたのに・・・」

自立とわがままをはき違えた人としか思えない描き方。それともこういう人だったの?ちょっと感動には遠いかな・・・

続きを読む "レオニー" »

2010年11月12日 (金)

ポール・ボキューズ・ミュゼ(六本木)

Imgp6343

せっかく国立新美術館にいるのであるからして、ポール・ボキューズ・ミュゼに行かないと!以前友人Rとディナータイムに来て本当に美味しかったので、再訪したかったのです。ま、大丸にもありますがね。

これはなんと500円別料金のエシレのバター。Tちゃんと半分こして、あますところなく使いましたが、こりゃあ一度丸の内の店舗も行ってみなければなるまいて。

続きを読む "ポール・ボキューズ・ミュゼ(六本木)" »

2010年11月11日 (木)

ゴッホ展 ~こうして私はゴッホになった~

Imgp6350_2

Tちゃんと国立新美術館で絶賛開催中の「ゴッホ展~こうして私はゴッホになった~」に行ってきました。

ゴッホの作品を年代順に展示するという手法は珍しくはありませんが、当時の先生や影響を受けた作家の作品も同時に展示してあり、なるほど彼がいかにしてゴッホになっていったかがうまく説明されています。初めからあのような作風だったのではなくて、揺れ動き、影響され、どのように自分の画法を確立していったのかが素人目にも川を上流から河口まで眺めるかのように見えました。

また、思ったより小さい絵が多く、キャンバスではなく厚紙を貼ったものに描いた作品もあり、彼が金銭的に豊かではなかったことも説明されずともわかるのが少しせつない。

人出はそうとうなものですが、とても面白い!ぜひお出かけください。

2010年11月 7日 (日)

ウエストリバーオートキャンプ

Imgp6219

ウエストリバーオートキャンプ場で釣りメインのキャンプをするため、やはり前泊でお出かけしてきました。

今日のPキャンは双葉SA、前回と一緒です。ここは比較的静かだし、朝起きて犬の散歩に行くのにもちょうどいいのです。

画像は今話題の鳥モツ煮。B級グルメといいますが、これうちの母親がフツーにおかずで晩ごはんにだしてましたが?そしてここのはかなり歯ごたえがあって、すぐおなか一杯になっちゃいます。

続きを読む "ウエストリバーオートキャンプ" »

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30