« 八十八夜 | トップページ | 恋するベーカリー »

2010年2月 8日 (月)

インビクタスー負けざるものー

Photo_4

マイカルシネマズ武蔵野ミューで「インビクタスー負けざるものー」を観てきました。

ネルソン・マンデラは27年の刑務所での生活に別れを告げ、総選挙を経て南アフリカ大統領となるが、人種間の対立はいまだに深刻だった。南アフリカではラグビーのワールドカップが95年に開催されることになっており、マンデラは白人のスポーツの象徴であるラグビーで人種を超えて国民を結び付けられないかと考える・・・

変な日本語のような気がするビミョーな邦題。しかしクリント・イーストウッド監督プラスモーガン・フリーマンがマンデラ元大統領で共演がマット・デイモンだったら面白くないはずない。

・・・待てよ、わたしラグビーぜんぜんわかんない・・・Rに聞いときゃよかったか・・・と一瞬不安になりましたが、心配無用。細かいルールがわかんなくても大体わかるようになってます。それどころか、ラグビーのプレーの迫力がものすごい勢いで伝わってきて圧倒されます。やっぱ食わず嫌いはいかんな、うん。

随所に小さなエピソードがちりばめられ、それが集束して大きな流れになるニクい演出。パトカーの警察官と少年のエピソードなんか、ホントにいい感じです。ちょっとフランソワ(デイモン)が優等生すぎて迷いとかないのか?なんて思ったりもしたし、マンデラ氏の家庭がどうなってんのかもっと苦悩してるところが見たいとかもあるんですが、とりあえずスカっとしました。スポーツで勝つって、ホントに気持ちいいね!

« 八十八夜 | トップページ | 恋するベーカリー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/47655796

この記事へのトラックバック一覧です: インビクタスー負けざるものー:

« 八十八夜 | トップページ | 恋するベーカリー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30