« ミルク | トップページ | マックス・ペイン »

2009年4月22日 (水)

スラムドッグ$ミリオネア

332328view001 TOHO府中シネマズで「スラムドッグ$ミリオネア」を観てきました。

インドのスラム街で育ったジャマール(テヴ・パテル)はクイズ・ミリオネアで不正をしたとして警察に連行され拷問まで受ける。そこで語られたジャマールの過去。そう、クイズに答え続けられることは運命だった。彼は解放されクイズを続けることができるのか?

ああ、なるほどこりゃ運命だ。CMを見ただけでは何のことやらわかりませんでしたが、運命ですよ。この運命の組み立て方がね、やるなあ~と感心しました。よく考えたなあ。

そしてこのキャスティング。だーれも知らんぞ、この人たち。スターをドーンと使って「映画でござる」と胡坐をかいている映画関係者、この監督の爪の垢でも煎じて飲みたまへ。ものすごく魅力あるキャスティングですよ。特に子役が超かわいい。ジャマールの小さい頃なんか、山崎邦正そっくりです・・・って・・・いや、本当にかわいいです。

とにかく展開が速くて、退屈しているヒマはありません。ひたすらストーリーについていって下さい。ギャハハとわらったりキャーと叫んだりクイズに考え込んだりしながら、インドの現状について勉強もできちゃうオトクな映画です。こりゃインド人にはかなわん。

観ているうちに、せっかくインドが舞台の映画なのに「アレ」が足りないな~と不満だったのですが、最後の最後に例の「アレ」が出てきました。大満足です。この映画はスピードあふれる画面が魅力なので、できれば映画館で観たほうがいいと思います。最後の「アレ」も大画面のほうが楽しいですよ。

« ミルク | トップページ | マックス・ペイン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/45072757

この記事へのトラックバック一覧です: スラムドッグ$ミリオネア:

« ミルク | トップページ | マックス・ペイン »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31