« ある公爵夫人の生涯 | トップページ | スラムドッグ$ミリオネア »

2009年4月20日 (月)

ミルク

332593view001 大泉オズで「ミルク」を観てきました。なんでネット予約システムを導入しないんだろう。系列の新宿ではやってるのに?

1972年ニューヨークでハーヴェイ・ミルク(ショーン・ペン)は若く美しいスコット(ジェームズ・フランコ)と恋に落ち、移り住んだサンフランシスコで小さなカメラ店を開く。そこは次第にゲイのよりどころとして有名になり、中心人物たるミルクはゲイをはじめとするマイノリティの権利を守るために市政執行委員に立候補するが・・・

結末を知っているのでかなり苦しい気持ちで観始めましたが、自分のこうなることを予測していたミルクの方こそどんなに苦しかったか想像に難くない。

アカデミー賞のショーン・ペンのスピーチは心を打つものでした。20年前にもこんな人だったかな・・・?人って変わることができる生き物なんだなあ。2重に感動しました。

« ある公爵夫人の生涯 | トップページ | スラムドッグ$ミリオネア »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/45073101

この記事へのトラックバック一覧です: ミルク:

« ある公爵夫人の生涯 | トップページ | スラムドッグ$ミリオネア »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31