« チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 | トップページ | ある公爵夫人の生涯 »

2009年4月13日 (月)

ニセ札

332831view001 大泉ティ・ジョイで「ニセ札」を観てきました。

終戦直後。ある小さな紙漉きの村で、小学校の教頭かげ子(倍賞美津子)は卒業生の大津(板倉俊之)からニセ札作りに誘われる。スタッフも揃い、資金も集めるが計画は意外な方向に・・・

それにしても惜しい!非常に惜しい!何が惜しいって、最高に面白くてテンポもいいのに、観ててシロウト臭いとはこのことかと。カメラワークに凝ったら失敗してるし、意味ないカットとか、手ブレで撮ってみたりとか・・・凝ればいいってもんじゃないでしょ。せっかく面白い素材なんだから、淡々と撮ればよかった。

そして、これは決定的なんですが落としどころが弱い。特に重要な裁判のシーンで決定的なセリフ言うかな~?と思ってたらえ?これ?で終わっちゃった。ここで気の利いたセリフ一言でバーンと決めて欲しかったんだけど、いや、決めたらしいんだけど、すべってます。これは脚本の問題なのかな。

その上、出演女優(倍賞美津子ではない。念のため。)にテをつけるってどうゆうことやねん?キム兄、やるもんだねえ。映画もがんばってね。

« チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 | トップページ | ある公爵夫人の生涯 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/45107370

この記事へのトラックバック一覧です: ニセ札:

« チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 | トップページ | ある公爵夫人の生涯 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30