« ベンジャミン・バトン 数奇な運命 | トップページ | 有吉弘行ドリームディナーショー »

2009年2月24日 (火)

チェンジリング

Photo_5 「チェンジリング」を観てきました。アクションじゃないアンジェリーナ・ジョリー観るの、久しぶりだなあ。そして、痩せすぎです。一番痩せてた頃かな?私の脂肪を分けてあげたくなります。

1928年、ロス郊外でシングルマザーとして生きているクリスティン(アンジー)は、仕事の都合で息子ウォルターに留守番をさせて出かけたが、なんとウォルターはそれきり失踪してしまう。必死でウォルターを探すクリスティンに「息子がみつかった」と朗報が!しかし対面した男の子は息子ではなかった・・・ウォルターはどこに行ってしまったのか?

「マイティ・ハート」で見せた押さえた演技がここでも見事。当時のご婦人のたしなみとして、声高に叫ばない、ただこうして何があっても口を押さえて耐えるお母さんを見事に表現しています。しなやかな柳のように、しなやかに強く、強い風にも決して折れない女性の姿です。しかしこれが本当にあった事件だとは!まさに事実は小説より奇なり。衝撃のラストという言い方がありますが、この映画のためにありますね。ラストに見せるアンジーの表情は観るべきだと思います。

アンジーのドレスがとてもステキなんです。こちらも堪能してください。

« ベンジャミン・バトン 数奇な運命 | トップページ | 有吉弘行ドリームディナーショー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/44205683

この記事へのトラックバック一覧です: チェンジリング:

« ベンジャミン・バトン 数奇な運命 | トップページ | 有吉弘行ドリームディナーショー »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30