« 噴火かと思ったよ | トップページ | インクレディブル・ハルク »

2008年8月 5日 (火)

画家と庭師とカンパーニュ

Photo 渋谷ル・シネマに「家と庭師とカンパーニュ」を観にいきました。ひどい邦題・・・なんだか環境ビデオのようですが、かといって原題の「私の庭師との会話」でもキツい。映画会社ってたいへんですね。

テーマとしては、都市にオシャレに暮らす男が故郷に戻ってきて、幼馴染と接するうちに人間性を取り戻していくという、割とありがちなものなんですが、主人公2人の演技がすばらしい上に人物の掘り下げ方が見事だし、なんといっても監督がいいのか心に沁みる。ただのおフランスのオシャレな映画ではありません。

「常にナイフを持ち歩くといい。紐も一緒に。必ず役に立つから」という庭師のセリフが2度出てきます。2度目でただひたすら涙が流れました。人は、変わった人生を送らずとも朴訥に生きていくことでその人生を全うできるということを教わったような気がします。感動したり、笑ったり、充実した映画でした。

« 噴火かと思ったよ | トップページ | インクレディブル・ハルク »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/42095462

この記事へのトラックバック一覧です: 画家と庭師とカンパーニュ:

» 映画 画家と庭師とカンパーニュ [さぷら伊豆 ・・・渋谷の平日・伊豆の休日・・・]
前回"ぼくの大切なともだち"でフィルムがプチプチ切れて二度と行くもんか!と酷評し... [続きを読む]

« 噴火かと思ったよ | トップページ | インクレディブル・ハルク »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30