« 画家と庭師とカンパーニュ | トップページ | ドゥ・マゴ・パリ »

2008年8月 6日 (水)

インクレディブル・ハルク

1_2 エドワード・ノートン命なので、「インクレディブル・ハルク」観てきましたよ。予想外におもしろかった。エドワード・ノートンが脚本書き直したって・・・マジで?

なんでハルクに変身してもズボンだけ破れないの?という疑問に答えるシーンがありましたよ。笑った。

2_2 カメオ出演もいっぱいあって面白い。まず、ソーダを飲んでヤバいことになるおじいさん、原作のスタン・リー氏です。ピザで買収されるガードマンはTVシリーズのハルク役のルー・フェリグノ。そして、怒りをコントロールするためグレーシー柔術を習うのですが、その先生はなんとヒクソン・グレーシー!ヒクソンはヨガも取り入れて呼吸法も重視しているのが特徴だそうですよ。

「あれ?キングコング?」と思うシーンもあったりしたけどアクションシーンかなり充実してて、文句のつけようがないです。特にブロードウェイのシーンはすごい。笑いもタイミングよくあって、緩急メリハリがあって楽しい。

そしてエドワード・ノートンもやっぱりすごい。身体をどこかひよわな感じにしていて、いかにも科学者な雰囲気。変身後とのギャップが冴えますね。考えたことなかったけど、普通の人間だったわけですから、ハルク時に軍隊とのバトルの際当然撃たれるんですが、その銃撃のフラッシュバックに脅かされて苦しむシーンがあって妙に納得しました。ちゃんと人物に感情移入できます。

映画とは直接関係ないかもしれませんが、主人公が隠れ住んでいるブラジルのリオ・デ・ジャネイロのファヴェーラ(貧民街)の景観は圧倒されます。どこのファヴェーラかは一瞬なので忘れてしまいましたが、美しいとさえ思える造形美。実在の街とは信じられないような・・・このシーンのおかげでスッと架空の世界に入り込むことができました。

« 画家と庭師とカンパーニュ | トップページ | ドゥ・マゴ・パリ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/42095272

この記事へのトラックバック一覧です: インクレディブル・ハルク:

« 画家と庭師とカンパーニュ | トップページ | ドゥ・マゴ・パリ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31