« TERAKOYA | トップページ | 敵こそ、わが友~戦犯クラウス・バルビーの3つの人生~ »

2008年7月29日 (火)

ハプニング

2 マイカルむさし野ミューで「ハプニング」を観てきました。

毎回裏切られては「もう観ない・・・gawk」と思うんだけど、やっぱり観てしまうのはシャマランを愛しているからなのね・・・?

でも今回もやはり思う・・・

やっちまったなsign02

ま、「宇宙戦争」よりいいか。短いし。

Photo 内容よりも気になる、マーク・ウォールバーグのサルジワ。「ザ・シューター」ではあんなにかっこよかったのにどうしたんだ。

でこの映画、TVシリーズのエヴァを彷彿とさせるものがあります。説明無しでいきなり始まり、印象的なシーンの連続で結構な盛り上がりをみせて、ラストは「これで終わり?マジで?」とキョトーンとさせる。ま、エヴァよりずーーーっと薄いけど。

でも、シャマランはこれでいいんじゃないかなと思うようになりました。

3 映画すべてがちゃんとした理由付けがなければならないなんて法則はないし、起承転結がきっちりしてなければならない理由もありません。

この映画は「不安」をみせてくれるのです。突然よくわからないことや見た事のないものを見たとき、恐怖や不安を感じる、あの感じ。

あと、やはり「宇宙戦争」のパロディーなんじゃないでしょうかね、これ。なんだかわからないものにひたすら殺されまくり逃げ惑い、逃げこんだ家のご主人がちょっとアレで、危機がいきなり終わる。そっくりです。「サイン」もそうっちゃそうなんだけど・・・

ただ、敵は宇宙人ではない(らしい)。もっと怖い「疑心暗鬼」でしょうか。車に乗せて!と頼んでも無視して行っちゃう人。食べ物を勧めてくれてもジャンクフードなんで苦笑いしてノーサンキュー。助けて~とドアをたたかれても断っちゃう人。断られてキレる人。その人を問答無用でライフルで撃っちゃう人。何か盗んだでしょ!って思いこんじゃう人。せっかく助けてもらったのに、「あの人キラーイ」なんていっちゃう人。これって地球も大変だけど人間関係も破滅してるよね、これがアメリカなんだよ?とかたりかけてきます。

「シックスセンス」でどんでん返しがあったのでシャマランといえばどんでん返しを期待するようになったけど、気の毒な話。なんかわかんないけどこわいなあと思いながらストレスフルに生きてるのね、という映画です。

でもさ~、シンプルに質問させてもらえば「なーんでこの人たちだけ無事なの~?」あとね、身体的危機で生まれた愛は偽者だと思います。このカップルに幸あれ。

« TERAKOYA | トップページ | 敵こそ、わが友~戦犯クラウス・バルビーの3つの人生~ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/42011128

この記事へのトラックバック一覧です: ハプニング:

« TERAKOYA | トップページ | 敵こそ、わが友~戦犯クラウス・バルビーの3つの人生~ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30