« 名探偵コナン戦慄の楽譜-フルスコア | トップページ | サバティーニ・ディ・フィレンツェ »

2008年4月21日 (月)

大いなる陰謀

4 ワーナー武蔵野ミューで「大いなる陰謀」を観てきました。

真ん中の人はエドはるみではありません。

・・・まったくオチがわかる映画というのはイヤですね。しかも戸田奈津子まるわかりを?わからないと思っているので?

観たあとやーな気分になります。「その手にはのらないよ?」みたいな。

1 流石のメリル・ストリープ、ジャーナリストっぽーい。ほんっとにご馳走様なくらいの演技力。

トム・クルーズも、まあ何演ってもトムなわけですが、有力なアメリカの若手政治家な雰囲気が出てて悪くありません。

ましてや、レッドフォードをや。

そのほかマジメすぎて政治科学なんてやーめた!となっちゃったボクとか、志願兵になった仲良し2人組とか、いい演技するんだけど、みんな合わせるとだだすべり。

2 とにかくはじめから展開丸わかりで、これでいいのか?それで最後に「投票しよう!」てなによこれ。アメリカが好きなネガティブキャンペーンてやつ?力がぬけましたよ。

3 おすすめはしません。セッキョーくさいの大嫌い。(あくまで個人的な感想です。)

« 名探偵コナン戦慄の楽譜-フルスコア | トップページ | サバティーニ・ディ・フィレンツェ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210588/40984930

この記事へのトラックバック一覧です: 大いなる陰謀:

« 名探偵コナン戦慄の楽譜-フルスコア | トップページ | サバティーニ・ディ・フィレンツェ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31