2017年11月11日 (土)

ガールズ&パンツァー劇場版

86f45626b279446b8f1fa209d5c53197

最近、映画の面白いのが続々と公開されてて、とても追いつかないのです。特に私の好きなアニメが三部作だの映画版だので公開されているのは喜ばしくも忙しく、こんなに見なきゃいけないアニメが上映されるのは初めてじゃないだろうか。

戦車道トーナメントで優勝し、廃校の危機を逃れたように思えた大洗女子高の戦車部だったが、今度は大学選抜チームとの殲滅戦で勝たなければならない。圧倒的に戦力が不足している大洗女子高に対し、かつてのライバル校であった他校の戦車部員が応援に駆け付ける…

12/9から公開される「ガールズ&パンツァー最終章」に向けて2015年制作の「ガールズ&パンツァー劇場版」 がまたもやリバイバル上映されることになり、シアタス調布では一番音響のいいウルティラというシアターでやってくれました。この映画は音を愉しむ作品だから、ありがたいですね。実はこれ、テレビでしか観たことなかったので、今回映画館に観にきてしかも音響がいいシアターで観られて本当に良かったsign03戦車の走行音や爆裂音はもちろんのこと、弾が飛んで風を切る音がヒュッとかすめるよう…来てよかった。推しのカチューシャちゃんかわいいし。(私の隠れた特技に「『カチューシャ』をロシア語で歌える」というのがあるもんで。)

11/22までシアタス調布他で上映されていますので、ダバーイ楽しんでパジャルスタheart01なんのこっちゃ。

 

2017年11月 9日 (木)

マイティ・ソー バトルロイヤル

98d987515c5541389aa246253ae7068c
TOHOシネマズ新宿で「マイティ・ソーバトルロイヤル」を観てきました。マイティ・ソーのシリーズはあんまり興味がない(という割にはロキ役のトム・ヒドルストンが好きで全部見ているけれど)けども、来年公開の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」につながるお話なんで観ないとね…くらいのノリで観に行きましたが、すみません、めっちゃ面白かったです。大変失礼いたしました。
テーマソングはレッドツェッペリンの「移民の歌」。なるほど訳詞を見るとマイティ・ソーで使ってくださいと言わんばかりの内容なんですね。へー。そしてこれがサイゴノシーンに繋がってくるのかな?この曲がバトルシーンに流れるとドッキドキしますね。
ソーの父・オーディンの死によって幽閉されていたソーの姉・死の神ヘラが出現した。復讐心に燃えるヘラは故郷アスガルドを征服し暴虐の限りを尽くす。ソーは弟のロキ、行方知れずになっていたハルク、かつてアスガルドで戦士だったヴァルキリーとチーム(このチーム名が笑えるのよ)を組んで窮地に立つアスガルドの民を救出に向かう…
今回のソーはブロマンス…じゃないのか。本当の兄弟だもんね。でも萌えるわあheart01やたらソーとロキのからみが多くて楽しいったらありゃしない。「腐」の関係者がの方sign01見なきゃだめよsign01
 
最近のマーベルはあっちこっちで登場人物が出張してくるので、全部見てないと「あら?この人だれ?」ってことになるのでちと面倒くさいのですが、気にしなければ途中から見てもそんなに違和感はありません。アイドルグループのユニットみたいなやつだもん。しかし、ずーーーっと観ている身としては、必ずシリーズが公開されたら観て「あ、この人は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』にカメオ出演してたグランドマスター(ジェフ・ゴールドブラム)ねsign03」ってわかんないとイヤなのです。ちゅうことはですよ。インフィニティ・ウォーにはGOGの人たちも出るってこと。いったいどんな戦いになるというのか、想像を絶します。あら?そうすると今回チラッと出たドクター・ストレンジはどうするんだろう。彼出てきたらもう宇宙最強だと思うんだけど。

» 続きを読む

2017年11月 8日 (水)

フレンチSAC復活‼️

A854686501d8403fbbbba873b07029ba

先日フレンチSACから再営業のハガキが届きましたので、さっそくランチを予約して行ってきました。見てわかるとおり、以前のメニュー構成と同じです。ただ、ランチは魚or肉+デザート+飲み物の2600円と、両方の3000円、スープは別で300円になりました。まあ結局一緒ですけどね。

 

» 続きを読む

2017年11月 1日 (水)

バリー・シール アメリカをはめた男

3ed2d66b779446ddbda07e563485f81b
TOHOシネマズ日本橋で「バリー・シール アメリカをはめた男」を観てきました。今度のトムの整形はそりゃあ出来がよくって、若々しい、と言ってもトップ・ガンの時みたいなボーッとした感じではなくて、時を刻んでさらに美しいトムが鑑賞できます。
1970年代。天才パイロットバリー・シール(トム・クルーズ)は航空会社に勤務しながらちょいとした密輸で小銭を稼いでいたが、その腕をCIAに見込まれアメリカが買い付けたソ連産の銃器をニカラグアに運ぶ仕事をすることに。すると現地で麻薬カルテルのボスに「飛行機にコカインを積んでアメリカに運べ」とすごまれ…
 
これって紀伊国屋方式ってやつかな?行きはミカンを船に積んで帰りは塩鮭を積んで大金を稼ぐってヤツ。紀文伝説は才覚ですがバリーは行き当たりばったりで誘われるまま流されるままに深みにハマる大バカ。なのにトムが演るとどうしてこんなに魅力的なバカになってしまうのか。ああ、トムがステキだからか。そっか。

» 続きを読む

2017年10月29日 (日)

コードギアス 反逆のルルーシュ 興道

C126775193594ab1878a20e5e23ace90

TOHOシネマズ渋谷で「コードギアス 反逆のルルーシュ 興道」を観てきました。どうして最近アニメを観に行くと大雨が降ってしまうの。

自分を棄てた国に復讐を誓う皇子ルルーシュはみつめた相手を思う通りにする力「ギアス」を手に入れ、「目の不自由な妹が安心して暮らせる世界」を手に入れるために反逆を開始する。

TVシリーズを再編集して新しいカットを加え、新規に録音し直したもので、意外に長尺の2時間20分。しかし一気に引き込まれていたせいか、「あれ❓もう終わり?そういや色々あったわ」という感じでした。単なるリメイクじゃなくて、うーん、なんと言えばいいのか…私だったらダイヤモンドラフのカッティングに例えますかね。これは来年2月に公開される二部、5月の三部がとても待ち遠しくなりました。

TVシリーズを観るのは面倒だけどなんとなく気になる方、こっから入れば大丈夫‼️

» 続きを読む

2017年10月26日 (木)

アトミックブロンド

Bbb03ff5b6bb49cba4de4a4607d3cd61

TOHOシネマズ新宿で「アトミック・ブロンド」を観てきました。予告で流れてたクイーンの「キラー・クイーン」にやられちゃって。あれ?でも本編で流れたっけ…?

壁崩壊直前のベルリンで、腕時計に仕込まれた機密データが盗まれた。MI6の諜報員ロレイン(シャーリーズ・セロン)はそのデータの奪回とデータ紛失のもととなった二重スパイを探すという任務を言い渡され、ベルリンに潜伏中のパーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)と組んで動き出すが…

スパイものは脳みそをフル回転して観なければならないので家を出る前チョコレートを食べて映画館へ向かったにもかかわらず、ジェームズ・マカヴォイが渡辺謙にしか見えないのはどういうことか。

 

» 続きを読む

2017年10月25日 (水)

マイビューティフルガーデン

Ae226b96fe704e9892cde5748665729b

ココロヲ・動かす・映画館〇で「マイ ビューティフル ガーデン」を観てきました。

赤ちゃんの時に公園に捨てられたベラは無秩序なものが苦手な整理魔なので、無秩序な自分のアパートの庭の植物が恐ろしくて仕方がない。結果荒れ果てた庭になってしまったが、庭の現状維持という契約の違反で1か月後の立ち入り検査までになんとかしなければ立ち退かなければならなくなったが…

ベラ役はジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、「ダウントン・アビー」の伯爵家三女シビルで有名になりました。キレイな人だよねえ…一風変わったベラを魅力いっぱいに演じていて、短い映画だけれど観た後本当にいい気持になりました。

 

» 続きを読む

ココロヲ・動かす・映画館◯

Fdce7b8304604e508a3a4adec68a4b07 border="0"  />

 

先週土曜日にオープンした「ココロヲ・動かす・映画館◯」に行ってきました。

バウスシアター亡き後、電車に乗ってわざわざ都心まで映画を観るのが面倒くさくなって結局見逃した映画というのがたくさんあるので、ミニシアターが再び吉祥寺に開館すると聞いて楽しみに待つ事幾星霜。色々ありましたがようやくオープンにこぎつけたようですが…ホントに長かったわ。

観た映画のレビューは後日書くとして。
映画のなかでの嵐が収まっても風の音が止まないのはなんかの演出かなぁと不思議に思ってたら、なんてことない、空調がものすごい音を立てていたのです。以前あった映画館銀座シネパトス(ここのラインナップはすばらしかった。サミュエルLジャクソンのレア作品をよくかけてくれてた)は電車が通る際にゴーッと遠くで音がしていましたが、空調とは。その上その空調の風が強いらしく、スクリーンがゆっくり波打ってる…( ゚д゚)そして次第に寒くなるのであった…

こういう施設の工事ってよく知らないけれど映画館を建てるプロが設計とかするんじゃないの?今までいろんなミニシアターに行って、施設の不備にこんなにびっくりしたことはなかった。映画館に行って1800円を支払えば、フツーに映画を観ることができると意味なく思い込んでいたけれど、そうじゃないのね。

スタッフの方は実に親切でいい仕事をしているのです。上映中の映画もいいものだし、これからに期待というところでしょうか。気長に待つことにします。

2017年10月23日 (月)

「キングスマン ゴールデンサークル」予告編

先日「ダンケルク」を観に行ったら「キングスマン ゴールデンサークル」の予告ををINAXで観ることができました。迫力満点ユーモア炸裂もうwktkが止まんなくてlovelyheart04
しかし愛情はすべてを超えますね。理系ではない私がこうしてブログにYouTubeの埋め込みなどチャレンジするくらいですからね。
1/5からの公開なのですが待ちきれないsign03TOHOシネマズ新宿でIMAXで上映してくれると嬉しいんだけどなあ。とにかく早くお正月になーれsign03

2017年10月22日 (日)

ももクロちゃんファンイベントover40

1a0992ba4869473e9ccb139b2dc30c0e

ももクロちゃんのファンイベント、「over40」に参戦してきました。

今年のファンイベントには3種類あり、学生限定の「学生祭り」、40歳以上限定の「over40」、全年齢層対象の「ワンダーランド」です。まあ当然私らはover40なのですが、なんと私抽選ではずれましてね。ファンなのにファンイベントいけないってかcoldsweats02と非常に落胆していましたら、2次抽選で入金流れと思われる指定席に当選。見切れ席か立ち見しかダメかと思ってたので非常にラッキーでした。

当選組のダンナとは今回連席が出来ないのでボッチ参戦のようなカンジではありましたが、後から考えればこのライブの席って前列から歳の順番になってたらしくて、なんだか一人で座ってても疎外感がないのです。たぶん私の周りも同世代ばかりだったんだと思います。女性少なすぎだけど。

しかしライブが始まる前からなーんとなく感じる一体感は実に気持ちよいもので、最後まで楽しいファンイベントでした。

さてセトリは、

ピンキージョーンズ
猛烈宇宙交響曲
チャイマックス
MC
夢の浮世に咲いてみな
Zの誓い
words of the mind
MC
黒い週末
believe
MC
DNA狂詩曲
走れ
(アンコール)
労働賛歌

といった具合で、学生祭りより激しいラインナップだったそうでもっぱら「こいつら年配者を労わる気が全然ねえな」とSNSで話題になっていましたcoldsweats01

ライブ後もそれぞれ挨拶などかわしつつ席を離れてたら

「今日はみなさんお疲れさまでしたsign03

と大きな声がしたので私も皆さんも「お疲れさまでした~heart01」ほのぼのするわあ。

劇場版 響け♪ユーフォニアム 〜届けたい想い〜

9a9c4634867e41aeaa11534dd09b76a7

投票日に台風が来るという大変な日に、しかも平日より早起きして朝一番の上映で、ダンナと新宿ピカデリーの「劇場版 響け♪ユーフォニアム〜届けたい想い〜」を観てきました。雨本降りなのに何やっとんねん。それでも結構な観客がいて、この作品に対するひとかたならぬ情熱を図らずも感じてしまうこととなりました。もちろんこの後当然投票にも行ったよん。びっしょびしょになっちゃったけど。

私は中学生の頃ブラスバンド部でクラリネットやってまして、一緒の学校に入学した2歳下の従妹が「お姉ちゃんが楽しそうだから」と入部してきてユーフォやってました。その頃ユーフォは一般的には知名度の高い楽器とは言えず、私も入部してから初めてユーフォの存在を知りました。(そういえばあの頃は「ユーフォニウム」って言ってたなあ。)それがこのアニメでは小学生のころからユーフォ習ってる子が2人もいる。時代は変わったのね。

この劇場版ではTV版の田中あすか先輩のエピソードを中心として再編成されたもので、さらにその続きが追加されています。私はあすか先輩のような一歩引いて客観的かつシニカルに物事を観ているキャラが大好物。真希波マリとか。主人公の久美子ちゃんもかわいいんだけど、青春を体現している彼女は私にはちょっとまぶしすぎるかな。

 

» 続きを読む

2017年10月20日 (金)

ダンケルク

A3e0c433bcbf4123a3acd106a40f685f

ヨーロッパに行ったり実家に帰ったりたまった用事や仕事を片づけたり疲れたりしているうちに観ようとしていた映画が終わっちゃってbearing

ダンケルク」は特に、IMAX用に作られており(厳密に言うと日本で監督の意図する映像を観られるのは大阪エキスポシティだけらしく、この映画のために大阪まで遠征する猛者もいるのです)普通の映画館で見ると上下で全体の40%がカットされてしまうという話を聞いていたので、ウチから一番近いTOHOシネマズ新宿のIMAXでなんとしても観なければとすっ飛んで行って観てきました。

10年ほど前にはIMAXは新宿タカシマヤにあり、当初はアトラクションとして、そしてなんと普通の映画館として流用され、場所がいいのでかなり頻繁に利用したものですが、そのうちひっそりと閉館されました。タカシマヤの主要な客であるマダム層にはそれほど大きなスクリーンは必要なかったのでしょうか。

しかしさすがINAX、視界すべてをカバーするほどの大画面、すばらしく立体的な音響、クリアすぎる映像。現実を忘れて映画に没頭するのにこれほど適したスクリーンがあるでしょうか。そのせいで私はなんとも恐ろしく、ストレスに満ちた2時間を過ごさねばなりませんでした。

主人公について、いえ登場人物すべてにおいて説明など一切なく、過去が語られることもなく、今起こっていることを忠実に見せるという手法をとっているので、最後まで主人公が何という名前か(そもそも誰が主人公なのかも語らない)知らずに終わってしまいました。なので自分がまるで名もなき兵士になったかのような気分です。

次々と襲い来る敵襲。ほっとしたのも束の間、さらにsign01もうダメ、もう死んじゃうsweat01とハンカチを握りしめて(ハラハラして手汗びっしょりになっちゃうのよ)ふと周りを見ると、みな同じように手を握りしめたりしています。すごい音響のおかげで本当に弾が飛んできたような気がするし、爆弾が落ちると内臓が震えるような振動がするし…本当に恐ろしかった。

あらすじなど必要ない。どうなるかをとにかく観た方がいいですよ、必ずIMAXでね。私が感じたストレスと恐怖を、これを読んでいる人にも感じていただきたいものです。それにしてもあんたすごいよ、クリストファー・ノーラン監督。

 

2017年10月15日 (日)

ナミヤ雑貨店の奇跡

11e30698277d411b908d6c6b5331e6a2

井の頭線の電車の中でしか宣伝してないみたいでもっと大々的に言えばいいのにと思っている調布の新しい映画館イオンシネマ・シアタス調布。車で行けるウチから一番近いシネコンなので、さっそく行ってみました。

多摩地区最大のスクリーン数とうたっている割にはロビー狭っ。そういえばイオンシネマ武蔵村山も狭いし、イオンシネマはロビーを重要視していないのかな。エレベーターホールもちょっと殺風景で寂しい感じですかね。

私たちが利用したシアターは一番小さいシアターらしく、座席数はすごく少ないのですが座席と座席の間はすごく広くて座ったままで十分行き来ができるほどです。座席もちょっと大きく感じます。段差も今までの映画館より大きいような気がしました。すばらしい。府中より近いのでこれからちょいちょい利用できそうです。

「東野圭吾作品市場最も泣ける感動作」とありますが、ほとんど東野作品は読んでいる中で一番泣いたのは「昔ぼくが死んだ家」かなあ。それとも「秘密」かなあ。電車の中で読んでてうっかり泣いちゃったもんねえ。映画で泣いたのは「容疑者Xの献身」だなあ。ラストシーン涙が止まらなくて困ったもんねえ。ともかく素晴らしい作家さんですよ。

ここでうっかりいろんなことを書いてしまうとこれから観に行く方の楽しみを奪ってしまいそうなので多くは書けませんが・・・ちょっとじっくり描きすぎでじれったいというか冗長なイメージがあるものの、グランドホテル形式で描かれるさまざまな人生の絢は最後にここに来るためにあったのかと思わせる感動作です。

人の生は、仏の教えに従えば無数の網のように編まれたもので、ひとりが自分の生をおろそかにするとそこから綻びが生じるものであるそうです。誰かを大事に思うこと、自分をだいじにすること、それこそが仏の教えに従うことなのかもしれません。

 

 

2017年10月14日 (土)

garage coffee

38c2b7d099c048439ca7f0ca8279cae8

サイドウォークイノカシラ、CLAMPに続くご近所カフェ第3弾、garage coffeeです。昨年の夏にopenした時はおにぎりとトン汁しかないよーとかいう噂でしたが、現在はそんなことないよー。

 

» 続きを読む

2017年9月16日 (土)

中央ヨーロッパ4カ国の旅 5日目

60363bafc713481da101d08e9adaf29c

今日はベルベデーレ宮殿で絵を鑑賞して、チェコの古都チェスキークルムロフに向かいます。

宮殿宮殿焼き肉のタレ~noteホントに宮殿で作ってる~noteでおなじみの日本食研「焼き肉のタレ宮殿」を作っている宮殿工場はここをモデルにしているそうです。帰国後、スーパーでまじまじと見ちゃいましたよ、焼き肉のタレ宮殿のボトル。

かいつまんで書くと、ここを建てたプリンツ・オイゲンはもともとフランスの貴族で、サヴォイア公の血筋なのでプリンスの尊称を付けて呼ばれていましたが、長男ではなかったので出家するか軍隊に入るかどちらかを選ばねばなりません。彼は軍隊で手柄を立てて見せると王に進言しましたが、たいへん小柄だったのでフランス王ルイ14世は彼を重用することはありませんでした。それで彼はオーストリアの軍隊に入り戦功をあげて大金持ちになり、ここを建てて暮らしましたが、彼の死後遺産を継いだ人物がマリア・テレジアにここを売却したためベルベデーレ宮殿と呼ばれるようになったのです。なので、プリンツ・オイゲン、オイゲン公と言われますがオーストリアの公子ではありません。

それにしても祖国と戦ってコテンパンにするって、この頃はまあある話だったらしいけどどんだけだ。

 

» 続きを読む

«中央ヨーロッパ4カ国の旅 4日目

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30